半保護されたページ

フィッシャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィッシャーズ
Fischer's
人物
居住地 日本の旗 日本 東京都葛飾区
職業 YouTuber
公式サイト 公式サイト
UUUM公式
YouTube
チャンネル
活動期間 2010年 -
ジャンル コメディ
登録者数 652万人
総再生回数 10,530,014,828回
事務所(MCN UUUM
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年10月15日時点。
テンプレートを表示

フィッシャーズ(Fischer's)は、日本の男性7人組YouTuber[1][2][3]UUUM所属[4]

概要

2010年2月25日、中学校卒業時に結成[5]。メンバーは同じ中学校の同級生同士であり、卒業記念に「楽しい」を動画にすることから始まり、その保存先としてYouTubeを選んだところ反響があった[6]。メンバーが川遊びを好んだこと、この時撮影したのが川遊びの様子であったことから「魚のようだ」と考え、「フィッシャーズ」というグループ名をつけた[7][8]。代表作の「アスレチック動画」をはじめ、「コメディ」「チャレンジ」「ドッキリ」「心霊」などテーマに沿って、メンバー同士が掛け合いをしながらアドリブ進行するのが作品の特徴になっている[9]

元々は8人組であり、もう1人のメンバーとして「ダイブー」という人物がいたが、グループ内の掟を破ったため責任を取る形で2015年10月に脱退し[10]、現在の7人体制となった。

メンバーは、フィッシャーズの活動に専念する「専業組」と、他に本職を持ちフィッシャーズは副業という「兼業組」が存在する。シルクロード、マサイ、ンダホは専業組[9]。残る4人の内、ぺけたんはニコニコ動画ボーカロイド曲のカバーをする歌い手で「こめてっと。」という名前で活動[11]、ザカオはダンサーとして[12]、ダーマはゲーム会社に勤務する会社員として、モトキはゲーマーとしての活動が主である。

2018年8月15日、YouTube上で公開・配信された楽曲や、湘南乃風SHOCK EYEによる提供楽曲などを収録した1stアルバム『僕らの色 みんなの色』をリリースした[13]。2018年11月21日、同年12月16日に千葉県柏市にて屋内型スポーツテーマパーク「フィッシャーズパーク」をオープンすることが動画内で発表された[14]。このテーマパークは一旦延期されたのち[15]、2019年1月12日にオープンした[16]。2018年のYouTube FanFestにおいて発表された日本国内トップトレンド動画ランキング(音楽を除く)では『英語禁止ボウリングがおもしろすぎて全然集中できない件www』が1位を獲得し、トップ10内の4本にフィッシャーズによる動画が選ばれた[17][18]

2018年以降、大晦日のももいろ歌合戦BS日テレフジテレビNEXTニッポン放送など)に連続出場。

2019年2月1日の動画では、フィッシャーズが地元を自ら発表。さらにシルクロードが下の名前、ンダホが名字を公表していた。町めぐりをしている時に出会った視聴者が、サヨナラまたなを『8月の坂』と言い間違えたが、8月4日に『8月の坂』のMVを公開した。

2019年9月16日、大阪府吹田市の万博記念公園の東の広場にて鬼ごっこを開催し[19]、参加人数のギネス記録を達成した[20]

2019年10月27日、fischer's-フィッシャーズ-の単独チャンネルだけで累計再生回数が日本1位になった。

2019年12月5日、世界で最も再生されたYouTuberトップ10で、19億再生で世界9位にランクインした。

2019年12月13日、YouTube界アカデミー賞と言われる「Streamy Awards」の国際アジア太平洋部門でノミネートされ、受賞。日本YouTuberとして「Streamy Awards」を受賞したのはこれが初[21]

2020年8月2日、メインチャンネル単体での総再生回数が100億回を突破した[22]。単独チャンネルでの100億回突破は、日本国内のクリエイターとしては初となる[23]

2020年10月9日、メンバーのぺけたんが前述の歌い手「こめてっと。」として活動する中で、女性ファンとのトラブルがあったことを受けて、フィッシャーズメンバーとしての活動を当面休止させることが所属するUUUMより発表された[24]

メンバー

BYR color wheel.svg この節ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)

現メンバー

全員が東京都葛飾区出身である。

名前 生年月日 血液型 メンバーカラー
シルクロード (1994-08-19) 1994年8月19日(26歳) O型    
ンダホ (1994-08-04) 1994年8月4日(26歳) O型    
マサイ (1995-01-12) 1995年1月12日(25歳) O型    
モトキ (1994-09-03) 1994年9月3日(26歳) O型    
ダーマ (1995-02-25) 1995年2月25日(25歳) A型    
ザカオ (1994-06-03) 1994年6月3日(26歳) A型    

活動停止

名前 生年月日 血液型 メンバーカラー
ぺけたん (1995-02-02) 1995年2月2日(25歳) B型    

元メンバー

「メンバー内での禁止事項を破った」という理由で2015年10月に脱退[25]。ダイブーは在籍当時、視聴者との交際を禁じることを他メンバーに対し強く迫っていたが、実際は視聴者の一般女性と交際しており、またその事実をメンバーに公表していなかったため、責任を取る形で脱退した。なお、ダイブー在籍時にはメンバーカラーは存在していなかった。

作品

配信限定

No. タイトル 楽曲および映像作品の公開日 収録アルバム
1st チャンピオンロード 2016年7月5日 僕らの色みんなの色
2nd 彗星 feat.ぺけたん&ンダホ 2017年1月28日
3rd ツバサ 2017年2月28日
4th 2017年8月29日
5th サヨナラまたな 2018年3月9日
6th 未完成人 2018年7月21日
7th 8月の坂 2019年8月4日 New Challengers
8th 好きなこと無制限 2020年6月19日 アルバム未収録

アルバム

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 最高順位 詳細
1st 2018年8月15日 僕らの色 みんなの色 CD UUUM0001
  1. フィッシャーズ海賊団OP
  2. 未完成人
  3. ガンバレルヤ!
  4. 君を忘れたい
  5. 彗星(Album Ver.)
  6. ツバサ(Album Ver.)
  7. ナナイロの糸
  8. おいていったもの
  9. サヨナラまたな
  10. チャンピオンロード(Album Ver.)
  11. 虹(ぺけすてぃっく Ver.)
6位
2nd 2019年10月9日 NEW Challengers CD UUUM0011
  1. START
  2. 8月の坂
  3. 片想い送信中
  4. おはよう
  5. 南中ソーラン ~Fischer's Version~
  6. B-Boy Classic (MASAinst)
  7. 何百回目のラブソング
  8. Range
  9. 誓いの唄
  10. me
  11. NEW Challenger
  12. 葛飾ラプソディー
  13. 南中ソーラン ~Fischer's Version~Instrumental
7位

出演

映画

テレビアニメ

テレビ番組

  • ミュージックステーション(テレビ朝日系列。2018年4月27日)『虹』のパフォーマンスを全員で披露。
  • ダウンタウンDX(読売テレビ/日本テレビ系列。2020年4月2日)全員で出演し、全員の私服やシルクの自宅を公開。
  • 世界一受けたい授業(日本テレビ系列。2020年4月25日)バズる動画の作り方や誕生秘話をモトキとシルクロードが先生として紹介。
  • 沼にハマってきいてみた(NHK Eテレ。2020年5月11日)『どうぶつの森沼』で『あつまれどうぶつの森』(Nintendo Switch)のフィッシャーズ島にぬっしー(あつ森ver.)がオンライン訪問し、宝探しをした。
  • 沼にハマってきいてみた(NHK Eテレ。2020年6月8日)『フィッシャーズ沼』に全員で出演しイメージアンケートで素顔が明らかにされたり、舞台裏に密着。人気動画「イヤホンガンガン伝言ゲーム」を再現。「水害から命を守る」の情報も紹介した。
  • ネプリーグ(フジテレビ系列、2020年8月3日)ダーマ以外の6人が出演。原田泰造とチームを組み優勝した。ボーナスステージは泰造とシルクロードで挑戦し全問正解。

ウェブドラマ

  • 片思い送信中(2017年、Simeji特設サイト)[30] - シルクロード、ンダホ、モトキ、マサイ、ぺけたん

ウェブコンテンツ

コンテンツ

  • JOYSOUNDサポーター(2018年度)[32]

ミュージックビデオ

イベント

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ “Fischer's-フィッシャーズ- スリル満点! やんちゃ系YouTuber集団”. UUUM. (2017年7月29日). https://www.uuum.jp/creator/fischers-2 
  2. ^ 人気YouTuberがオススメするスポーツ漫画2作”. ガジェット通信 (2017年7月18日). 2017年7月29日閲覧。
  3. ^ ““めざまし”YouTuberじゃんけんスタート カリスマ続々登場”. 産経新聞. (2017年2月3日). http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/170203/ent1702030015-s1.html 
  4. ^ 松竹芸能がUUUMとYouTuber本格育成、フィッシャーズ選出のMVPは秋山ペイソン”. お笑いナタリー (2017年3月6日). 2017年7月29日閲覧。
  5. ^ “松竹芸能×UUUMがタッグ 世界的YouTuber育てる”. デイリースポーツ. (2017年3月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/05/0009970527.shtml?pg=2 
  6. ^ “なぜYouTuberに?「木下ゆうか」と「シルクロード」に聞いてみた”. 東京ウォーカー. (2017年1月19日). https://news.walkerplus.com/article/97204/ 
  7. ^ “YouTuberの限界ラインを押し上げる! 個性派軍団フィッシャーズ参上!”. livedoor ニュース. (2017年6月28日). http://news.livedoor.com/article/detail/13262210/ 
  8. ^ “あの人に会った:フィッシャーズさん ユーチューバー”. 毎日小学生新聞. (2017年7月3日). http://mainichi.jp/articles/20160703/kei/00s/00s/013000c 
  9. ^ a b “登録者500万人「フィッシャーズ」の軌跡と「ユーチューバー」のこれから”. Yahoo!ニュース. (2018年10月9日). https://news.yahoo.co.jp/feature/1110 2018年10月9日閲覧。 
  10. ^ 【報告】この度、メンバーが抜けることになりました。 フィッシャーズ公式動画 2015年10月26日公開分
  11. ^ こめてっと。【ニコニコ動画】”. 2020年2月9日閲覧。
  12. ^ ZAKAO a.k.a KIll Power(YouTube)”. 2020年2月9日閲覧。
  13. ^ 7人組YouTuber・Fischer'sが1stアルバム発売、湘南乃風SHOCK EYEが楽曲提供”. 音楽ナタリー (2018年8月14日). 2018年8月15日閲覧。
  14. ^ フィッシャーズ、千葉に屋内型スポーツテーマパークオープン 動画の世界観を堪能”. ORIOCN NEWS (2018年11月21日). 2018年11月22日閲覧。
  15. ^ “「フィッシャーズパーク」オープン延期のお知らせとお詫び” (プレスリリース), UUUM, (2018年12月14日), https://www.uuum.co.jp/2018/12/14/29106 2020年10月9日閲覧。 
  16. ^ 1月12日!ついにオープン!”. Fischer’s Park. UUUM (2019年1月12日). 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧。
  17. ^ “YouTube、2018年国内トップトレンド動画ランキングを発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1809996 2018年12月17日閲覧。 
  18. ^ 2018 年を動画で振り返ろう。YouTube Rewind 2018 国内トップトレンド動画ランキングを発表”. YouTube日本版 公式ブログ (2018年12月12日). 2018年12月17日閲覧。
  19. ^ “フィッシャーズ×視聴者で鬼ごっこ!世界最多人数でギネス記録に挑戦!?開催日時や場所は?”. LogTube. (2019年8月12日). https://logtube.jp/entertainment/51269 2019年9月16日閲覧。 
  20. ^ “YouTuberが1万人超えの鬼ごっこ開催。ギネス世界記録を達成”. BuzzFeed. (2019年9月16日). https://www.buzzfeed.com/jp/yuyayoshida/fischers-onigokko 2019年9月16日閲覧。 
  21. ^ “フィッシャーズが「Streamy Awards」を受賞!” (プレスリリース), UUUM, (2019年12月16日), https://www.uuum.co.jp/2019/12/16/43626 2020年10月9日閲覧。 
  22. ^ “フィッシャーズ 単独チャンネル 総再生回数100億回 を突破!” (プレスリリース), UUUM, (2020年8月3日), https://www.uuum.co.jp/2020/08/03/52889 2020年10月9日閲覧。 
  23. ^ きのしたゆり (2020年8月3日). “フィッシャーズ、100億回再生突破 単独チャンネルでは日本初の快挙”. KAI-YOU.net. https://kai-you.net/article/77002 2020年8月5日閲覧。 
  24. ^ “フィッシャーズ・ぺけたん、当面の活動休止 UUUMが説明「重く受け止め」”. ORICON NEWS. (2020年10月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2174021/full/ 2020年10月9日閲覧。 
  25. ^ 【報告】この度、メンバーが抜けることになりました。 - YouTube”. www.youtube.com. 2020年7月23日閲覧。
  26. ^ 実写ドラマ&映画『トモダチゲーム』キャスト追加発表 マナブくんの声は天月-あまつき-”. ORICON NEWS (2017年2月6日). 2017年7月29日閲覧。
  27. ^ “竹中直人「ONE PIECE」劇場版に3度目の参戦、YouTuber・フィッシャーズも”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月25日). https://natalie.mu/eiga/news/332784 2019年5月25日閲覧。 
  28. ^ 梅山富美子 (2020年1月15日). “はじめしゃちょー&フィッシャーズ・シルク、そらちぃ主演作に出演していた!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113333 2020年2月26日閲覧。 
  29. ^ フィッシャーズ:シルクロードが「炎炎ノ消防隊」で声優に 「新しい体験」”. MANTANWEB (2020年8月28日). 2020年8月28日閲覧。
  30. ^ Mrs. GREEN APPLE楽曲が川栄李奈×Fischer'sのWebドラマ主題歌に”. 音楽ナタリー (2017年11月15日). 2018年2月1日閲覧。
  31. ^ 内村光良、野性爆弾くっきーが中学生に熱い授業、チェチェナちゃん水ビンタも指導”. お笑いナタリー. 2018年3月9日閲覧。
  32. ^ フィッシャーズ、Aqours、桐谷美玲がサポーターに就任!JOYSOUND最新機種の楽しさ伝える”. Real Sound テック (2018年6月26日). 2018年7月22日閲覧。
  33. ^ “オリジナルの“桃太郎の歌”披露 岡崎体育、フィッシャーズも”. 毎日新聞. (2017年7月11日). https://mainichi.jp/articles/20170710/dyo/00m/200/036000c 
  34. ^ SKY-HI、Fischer's、岡崎体育による三者三様の「桃太郎」MV”. 音楽ナタリー (2017年7月11日). 2017年8月2日閲覧。
  35. ^ お台場みんなの夢大陸のめざましテレビスペシャルイベントにフィッシャーズが8/14(月)出演決定 ! !”. UUUM公式サイト (2017年8月3日). 2017年8月23日閲覧。
  36. ^ めざましテレビ (2017年8月15日). “大人気YouTuber「フィッシャーズ」のみなさんをチェック! お台場みんなの夢大陸のめざましテレビスペシャルイベントにも出演してくれたみなさんの魅力に迫るよ(❁´◡`❁)6時30分過ぎに放送予定☆”. Twitter. 2017年8月16日閲覧。
  37. ^ フィッシャーズが海賊船で大暴れ⁉︎「Zeppに海賊船作ってみたwww」6月15日、16日の2DAYS開催決定!”. UUUM 公式サイト (2018年4月12日). 2018年6月15日閲覧。
  38. ^ フィッシャーズ「Zeppに海賊船作ってみたwww」8月大阪公演決定!”. UUUM 公式サイト (2018年6月18日). 2018年6月23日閲覧。

外部リンク