フィスカース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィスカース株式会社
企業形態
取引所 Nasdaq Nordic FSKRS
業種 コンシューマー製品
設立 1649年(371年前) (1649
本社 フィンランドヘルシンキ
主要人物
製品 ハサミ、園芸用具、台所用品、ガラス食器、セラミック製品、ナイフ、屋外用具
売上高
  • 増加 €12.05億(2016年)
  • €11.05億(2015年)
営業利益
  • 増加 €8,300万(2016年)
  • €4,700万(2015年)
利益
  • 減少 €6,400万(2016年)
  • €8,500万(2015年)
資産総額
  • 減少 €17.60億(2016年)
  • €18.33億(2015年)
純資産額
  • 増加 €12.18億(2016年)
  • €11.91億(2015年)
従業員数 8,560(2016年末時点)[1]
子会社 イッタラ
ガーバー
フィスカース
ウォーターフォード・クリスタル英語版
ウェッジウッド
ロイヤルドルトン
ロールストランド
ウェブサイト www.fiskars.fi
www.fiskarsgroup.com
注釈/脚注
[1][2]
テンプレートを表示

フィスカースフィンランド語: Fiskars Oyj Abp)は1649年フィスカース村英語版(現フィンランドラーセポリの一部、ヘルシンキの西約100km)で創業された、フィンランドのコンシューマー製品メーカー。本社はヘルシンキのアラビアンランタ英語版地区にある。フィスカースは1967年に作られた、橙色のハンドルがあるはさみで知られ、SBUリビングとSBUファンクショナルという2つの戦略事業単位(SBU)がある[3]

歴史[編集]

1967年以降制作し続けている、人間工学に基づいて設計された、橙色のプラスチック製ハンドルつきのはさみ。フィスカースの最も有名な製品である。

1649年、ネーデルラント連邦共和国の商人ペーテル・トルヴォステ(Peter Thorwöste)は勅許状を得て、フィスカース村英語版高炉を設立して鍛冶屋を創業した。トルヴォステの会社はフィンランド初の私有会社となった[4]。高炉は銑鉄を製造、その後は銑鉄を水車で駆動された製鉄用のかまどに入れて錬鉄を製造した。フィスカースの創業初期には釘、ワイヤー、、錬鉄で補強された車輪を製造した。

18世紀末、近くのオリヤルヴィ(Orijärvi)で銅鉱山が発見され、フィスカースの業務もオリヤルヴィの鉱山で産出した銅の処理に費やされた。その後80年ほどの間、フィスカースの主要業務が銅関連のものとなった。しかし、19世紀にはオリヤルヴィの銅鉱山が枯渇した[5]

1822年、トゥルク出身の薬屋ヨハン・ヤコブ・ユリン(Johan Jacob Julin)がフィスカースの村と製鉄所を買収した。この時期には製鉄所が発展しており、業務も主に鉄の処理に集中していた。1832年、フィスカースはフィンランド初のナイフ工場を開き、後にフォークとはさみも製造した。

1915年、ヘルシンキ証券取引所英語版に上場した。2015年9月にはノキアバルチラUPMとともに上場100年を祝った[5]

フィスカースはそのはさみとはさみの橙色のハンドルで知られる。そのようなはさみがはじめて製造されたのは1967年のことであり、プロトタイプではハンドルの色が黒、赤、緑、オレンジと4種類あったが、社内投票の結果オレンジが得ればれた。この色は後にフィスカース・オレンジとして2003年にフィンランドで、2007年にアメリカで商標登録された[5]。1977年、フィスカースは国際進出のためにアメリカではさみ工場を開設した。

2007年、フィスカースはイッタラ[6]エミール・ルボルニュ英語版を買収[7]、キッチンウェアと食卓用製品、および園芸用具産業に関する業務を強化した。2013年には食卓用製品業務への補足としてロイヤルコペンハーゲンを買収、北ヨーロッパとアジアの市場における立場も強化した。2015年、フィスカースはWWRD関連会社[8]およびそのライフスタイル贅沢品ブランド(ウォーターフォード、ウェッジウッド、ロイヤルドルトンロイヤルアルバート、ロガシュカなど)を買収した。

現在[編集]

フィスカースが生産する、アメリカ海兵隊の塹壕戦用工具

フィスカース社にはSBUリビングとSBUファンクショナルという2つの戦略事業単位(SBU)があり、財務報告書でもリビング、ファンクショナル、その他と分かれている。「その他」には投資ポートフォリオ、不動産、本社や部門共通サービスが含まれている。また、純売上高は米州、ヨーロッパ、アジア太平洋の3部門に分かれている[9]

SBUファンクショナルは家内と家の近くで使われるツールを生産しており、フィスカース、ガーバー、ギルモア、ルボルニュなどのブランドを含む。SBUリビングは食卓用具、贈答品、インテリアを生産しており、イッタラ、ウェッジウッド、ウォーターフォード、ロイヤルコペンハーゲン、アラビア、ロールストランド、ロイヤルドルトン、ロイヤル・アルバートなどのブランドを含む。

フィスカースの製品は100か国以上で発売され、WWRDの買収後には30か国以上で約8,600人の従業員を有する[8]

フィスカースの本社は2017年現在、ヘルシンキのアラビアンランタ英語版地区にある。

傘下のブランド[編集]

フィスカースによると、フィスカース参加にあるブランドのうち重要な国際ブランドは下記である。

他にも下記のブランドを所有している。

財務状況[編集]

2015年の純売上高は11.05億ユーロ、調整後の営業利益は6,510万ユーロ、営業活動によるキャッシュ・フローは4,760万ユーロとなっている[10]。2016年の純売上高は12.046億ユーロ、調整後の営業利益は9,380万ユーロ、営業活動によるキャッシュ・フローは8,380万ユーロとなっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Fiskars Group Annual Report 2016” (英語). Fiskars Group. 2017年11月18日閲覧。
  2. ^ FSKRS, Fiskars Oyj Abp, (FI0009000400)”. NASDAQ. 2017年11月18日閲覧。
  3. ^ Highlights 2016 - Fiskars” (英語). Fiskars. 2017年3月20日閲覧。
  4. ^ Suomen vanhimmat yritykset listattu.”. www.porssitieto.fi. 2017年11月11日閲覧。
  5. ^ a b c Fiskars 1649 - 365 years of Finnish Industrial History”. www.fiskarsgroup.com. Fiskars Oyj Abp (2009年). 2017年1月10日閲覧。
  6. ^ FISKARS ACQUIRES IITTALA GROUP | Fiskars Corporation”. www.fiskarsgroup.com. 2017年1月10日閲覧。
  7. ^ FISKARS ACQUISITION OF LEBORGNE FINALIZED | Fiskars Corporation”. www.fiskarsgroup.com. 2017年1月10日閲覧。
  8. ^ a b Fiskars Corporation acquires the renowned WWRD and extends its portfolio with iconic luxury home and lifestyle brands | Fiskars Corporation”. www.fiskarsgroup.com. 2017年1月10日閲覧。
  9. ^ Introducing Fiskars | Fiskars Corporation”. www.fiskarsgroup.com. 2017年1月10日閲覧。
  10. ^ Fiskars Annual Report 2015”. Fiskars Corporation. 2017年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]