フアン・マネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマネン第二姓(母方の)はプラナスです。
Manén, Ramon Casas (MNAC).

フアン・マネン (スペイン語:Juan Manén,カタルーニャ語:Joan Manén i Planas ジュアン・マネン・イ・プラナス ,1883年3月14日 - 1971年6月26日)はスペインヴァイオリニスト作曲家

バルセロナ出身。幼時より音楽の才能を示し、ヴァイオリニストとしてドイツで同国人のパブロ・デ・サラサーテと比較されるほどの成功を収める。作曲家としてもスペインだけでなくドイツで注目を集めた。作品にはオペラ『ナポリのジョヴァンナ』(1903)、『松明の踊り』(1909)、交響詩『新カタルーニャ』、ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリンとピアノのための組曲、ギターのための「幻想ソナタ」Op.22などがある。