フアン・デル・エンシーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フアン・デル・エンシーナJuan del EncinaまたはEnzina, 1469年 - 1533年)はスペインルネサンス作曲家詩人劇作家カトリック両王時代を象徴する文芸人とか、しばしばスペイン演劇の創立者とかと呼ばれる。サラマンカ近郊の、おそらくエンシーナ・デ・サンシルベストレの出身。サラマンカ大学を卒業してすぐアルバ公執事として仕える。

1492年に、グラナダ陥落を記念して執筆した戯曲『名誉の勝利 Triunfo de la fama 』によってアルバ公を楽しませる。1496年に、叙事的な戯曲や抒情詩を集めた『カンショネーロ Cancionero 』を上梓すると、この戯曲はそれから20年間にたびたび版を重ねた。数年後にローマを訪れ、音楽的力量によってローマ教皇アレクサンデル6世を魅了し、ローマ教皇庁の聖歌隊長に任命される。1518年頃に上級聖職者叙階されると聖地エルサレムに巡礼して、初めてミサ曲の作曲を着想。1509年にはマラガ司教座で参事会員に就任し、1519年になるとレオン地方の小修道院長に任命される。1533年に地元サラマンカで亡くなったと伝えられている。

エンシーナの『カンショネーロ』は、韻律論の序文があり、スペインにおける詩作の状況が論じられている。14の戯曲は、中世ヨーロッパの神聖劇からルネサンス世俗劇への変遷が特徴的である。いくつかの牧歌劇は、『ラ・セレスティーナ』に影響されて、羊飼いの冒険を舞台化している。エンシーナの戯曲に対する本質的な関心は微々たるものだが、歴史的観点からするとこれらの作品は重要である。世俗的な作品は新たな出発点を創り出し、宗教的な牧歌劇は、17世紀のスペイン演劇に至る道のりをつけたからである。しかもエンシーナの抒情詩は、表裏のなさと優雅さが際立っている。


主要作品一覧[編集]

  • 名誉の勝利 Triunfo de la fama (1492年)
  • カンショネーロ・デ・パラシオ(王宮詩歌集) Cancionero de Palacio (1496年)
  • Tan buen ganadico (1496年)
  • Más vale trocar (1496年)
  • Plácida y Victoriano (1513年)
  • 牧歌劇 Églogas

参考文献[編集]

  • Teatro completo de Juan del Encina (Madrid, 1893), edited by F. Asenjo Barbieri
  • Cancionero musical de los siglos XV y XVI (Madrid, 1894), edited by F. Asenjo Barbieri
  • R. Mitjana, Sobre Juan del Encina, musico y poeta (Mlaga, 1895)
  • M. Menendez y Pelayo, Antologia de poetas liricos castellanos (Madrid, 1890-1903), Vol. VII.

外部リンク[編集]