ファーレントゥーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファーレントゥーガは、1999年に初公開されたあとあと(本名 荒牧岳志。読み「あらまき たけし」)が製作した戦略シミュレーションゲームである。Vectorフリーゲームとして登録されている。

概要[編集]

1991年にSEGAから発売されたメガドライブ用ゲーム、バハムート戦記に影響を受けたオーソドックスなウォーシミュレーションゲームである。[1]

システム[編集]

プレイヤーは、マップの中に散りばめられた勢力(マスターと呼ばれる)を操作し、敵対勢力のマスターを全て倒すことによってクリアとなる。 マスターは、金銭(Ley)を使用し、ユニットを雇用することが可能。戦力を拡大していく。

  • ユニットは、一定の経験値をためればクラスチェンジし、さらに強力な上位のユニットに変化する。
  • ユニットは、通常攻撃・魔法・特技という攻撃方法があり、特技は個々のユニットによって異なる。
  • 内政をすることによってLeyが増え、更なる戦力の増強が望める。

他のマスターと同盟を組むことも可能である。

拡張シナリオ[編集]

製作者のサイト上でエディタが配布されており、誰もが容易に拡張シナリオを作成できる。多くの拡張シナリオが作成されており、ゲームの世界観やゲームバランス等は各シナリオに依存する。 元となったバハムート戦記をファーレントゥーガの拡張シナリオとしてリメイクしたものも存在している[2]

主な拡張シナリオ[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]