ファーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファーファー
Fryums - 03.jpg
油で揚げる前のファーファー
フルコース 軽食
発祥地 インド
地域 バングラデシュインド
提供時温度 温めて、あるいは、常温で
主な材料 片栗粉サゴヤシ
派生料理 タピオカ小麦粉
テンプレートを表示

ファーファー英語: Far-far)は、インドスナック菓子で、主に片栗粉サゴヤシから作られ、着色されている。フライアム英語: fryum)、または、ボビー英語: bobby)とも呼ばれる。原材料としてタピオカ小麦粉が含まれる場合もある[1]

概要[編集]

ファーファーは、油で揚げると瞬時に膨らみ、単体でおやつとして食べられたり、パーパドのように食事に添えられて提供される[2]

形や色は様々であり、星型や筒型、平らな四角形、歯車の輪の形、飛行機の形、動物の形などがある[3]

出典[編集]

  1. ^ Miltop Far Far” (英語). Miltop Exports. 2021年7月14日閲覧。
  2. ^ Bladholm, Linda (2000). The Indian Grocery Store Demystified (1st ed.). New York: Renaissance Books. pp. 53. ISBN 1-58063-143-6. https://archive.org/details/indiangrocerysto00blad. "far far sago." 
  3. ^ Farfar”. Namaste Impex. 2021年7月14日閲覧。

参考文献[編集]