ファースト・ネーション航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FirstNation Airways
IATA
-
ICAO
FRN
コールサイン
FIRST NATION
設立 2011
ハブ空港 ムルタラ・モハンマド国際空港
焦点空港 ラゴス
保有機材数 2
就航地 3
本拠地 ラゴス[1]
代表者
  • Asiwaju Bola Ahmed Tinubu (オーナー)
  • Kayode Odukoya (CEO)
外部リンク flyfirstnation.com
テンプレートを表示

ファースト・ネーション航空(FirstNation Airways)は、ナイジェリアラゴスを拠点とする航空会社。所有者はラゴス州の元州知事であり、新聞「The Nation」の所有者でもあるAsiwaju Bola Ahmed Tinubu[2]。ファースト・ネーション航空は破産したベルビュー航空の従業員を引き継ぐ形で設立され、CEOも ベルビュー航空のBellview Kayode Odukoyaが引き継いだ[1]エアバスA320-200を2011年4月に受領し就航していたが2012年10月に運航を継続できなくなり休止した。3機のエアバスA320-200はリース企業のアビエーション・キャピタルに返却した[1]

2013年10月にエアバスA319-1132機を取得し運航を再開した[2]

就航路線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Information on First Nation Airways at flightglobal.com
  2. ^ a b “News From the Airways: Africa”. Airways 20 (206): 2. (April 2013). 

外部リンク[編集]