ファンキーモンキー寛平先生がゆく!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファンキーモンキー寛平先生がゆく!』(ファンキーモンキーかんぺいせんせいがゆく)は、1992年4月5日から1994年3月27日まで朝日放送(ABCテレビ)の『日曜笑劇場』で放送されていたコメディ番組である。

概要[編集]

間寛平主演の映画およびVシネマ作品『ファンキー・モンキー・ティーチャー』(原作:もりやまつる)がシリーズ化したのを受け、これと同じフォーマットで舞台演劇化したのが本番組である。しかしながら、『日曜笑劇場』の放送番組という性質上、内容は吉本新喜劇風にアレンジされており、毎回ゲストを招いてのコテコテのコントを展開していた。

本番組でも寛平は学校の教師役を務めており、ギャグを交えながら授業をしていた。ちなみに、クラスはA組・B組の2クラスのみだった。寛平はよく福岡ダイエーホークスのジャンパーを羽織っていた。同じくレギュラーメンバーだった桑原和男は校長役で出演していた。このため、近年は[いつ?]男役で新喜劇に出演することが非常に少ない桑原が男役のみで出演した、数少ない新喜劇関連番組となっている。放送第18回「さんまディレクター登場」では、寛平たちレギュラーメンバーのほかに、明石家さんま村上ショージ内場勝則島田珠代ナインティナイン岡村隆史矢部浩之バッファロー吾郎木村明浩竹若元博がゲスト出演した。

前番組『松ちゃん浜ちゃんの純情通り三番地』の放送開始によって4年半ぶりの復活を果たした『日曜笑劇場』であるが、本番組の最終回をもって再び休止状態に入った。

出演者[編集]

主題歌[編集]

  • ファンキー・モンキー・ロックンロール(歌:間寛平とファンキーモンキーズ) - 映画『ファンキー・モンキー・ティーチャー』シリーズと共通。

放送局[編集]

テレビ朝日系列局[編集]

系列外局[編集]

朝日放送 日曜12:00枠
(ここまで『日曜笑劇場』)
前番組 番組名 次番組
松ちゃん浜ちゃんの純情通り三番地
(1991年10月6日 - 1992年3月29日)
ファンキーモンキー寛平先生がゆく!
(1992年4月5日 - 1994年3月27日)
笑いの剣 2丁目 GAG FIGHTER
(1994年4月3日 - 1994年12月25日)