ファラオの運河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファラオの運河

ファラオの運河、古代のスエズ運河、ネコ2世の運河と呼ばれた運河は、古代のスエズ運河とも言える物で、西暦767年ごろまで利用されていたと言われ古代の複数の文献で存在が示唆されている。それは、ワジ・トゥミラットを介してナイル川紅海を結ぶことにより、現代のスエズ運河とは異なるコースを取っていた。建設はファラオの統治下で始まった。ダレイオス大王のスエズ碑文とヘロドトスによると、運河の最初の開通はペルシャダレイオス大王の下で行われたと伝承されているが、[1] [2] [3] [4]後の時代にアリストテレスストラボンプリニウスなどの古代の作家は完成していなかったと主張している。 [5]もう1つの可能性は、プトレマイオス2世のプトレマイオス朝時代に、エンジニア運河の閘門によって高さの違いを克服するという問題を解決したときに完了した可能性であった。 [6] [7] [8]

現在はこの運河が存在していたと推測される場所にナイル川とスエズ運河を結ぶ用水路が建設されナイル川からスエズ周辺に水を供給している。

エジプトとペルシャの伝承[編集]

少なくともアリストテレスまでさかのぼると、おそらく早くてもエジプト第12王朝、ギリシャ人によってセソストリスと呼ばれたセンウセレト3世(紀元前1878〜 1839年)がナイル川と紅海を結ぶ運河の建設を開始した可能性があるとする説があった。アリストテレスは自著の気象論で次のように書いている。

彼らの王の一人が運河を作ろうとしたが(地域全体が航行可能になったのは彼らにとって少なからず有利だった。セソストリスは古代の王の中で最初に試みたと言われている)、しかし海が陸よりも高いことがわかったので初めて挫折した、そして、その後、海と川の水が混ざって土地を台無しにしないようにダリウスも運河を作るのをやめた。 [9]

ストラボンはまた、セソストリスが運河を建設し始めたと書いている。大プリニウスもそう書いている(さらに下の引用を参照)。 [10]

が しかし、運河はおそらく紀元前6世紀後半にネコ2世(紀元前610〜595年)によって最初に掘削されたか、少なくとも計画が開始され、ダレイオス大王(550〜550年頃)によって再び掘られたか、完成した可能性がある。紀元前486年)。古典的な情報源は、それがいつ最終的に完成したかについて意見が分かれている。[要出典] [要出典] ダレイオス大王のスエズ碑文は、ペルシャダレイオス1世によるナイル川と紅海を結ぶ運河の建設と完成を記念している、シャロウフステレ[11]を含む5つのエジプトの記念碑で構成されている。 [12]それらはワジ・トゥミラットの谷を通ってダリウス運河に沿って位置し、おそらく運河のセクションも記録した。 [13] 19世紀の後半、フランスの地図製作者は、ティムサー湖の東側を過ぎてグレートビター湖の北端近くで終わるダリウス運河の南北セクションの痕跡を発見した。 [14]

大プリニウスの記述

165.次はタイロ族で、紅海にはダネオイの港があり、そこからエジプトの王セソストリスは、ナイル川の三角地帯として知られている場所に船を運ぶ運河を運ぶことを計画していた。これは60マイル以上の距離がある。その後、ペルシャの王ダレイオスも同じ考えを持ち、さらにプトレマイオス2世は、ビター湖まで幅100フィート、深さ30フィート、長さ約35マイルの運河を造った。 [10]

古代ギリシャの歴史家であるヘロドトス(2.158)はダレイオス1世が運河建設を続けさせたと言及しているが、アリストテレスアリストテレスの形而上学、 I 14 P352b。 )、ストラボン(XVII 1、25 C 804. 805.)、およびガイウス・プリニウス・セクンドゥス(VI 165f。)の記述では完成しなかったと言及している。[15]ディオドロス・シキュラスはネコ2世による運河の完成について言及していない。 [16]

マケドニア、ローマ、イスラムの作品[編集]

アレキサンダー大王の死後、プトレマイオス朝はエジプトの支配権を獲得し、ファラオを宣言し、プトレマイオス朝を創始した。その王朝の2番目の指導者である彼の息子であるプトレマイオス2世は再び運河の仕事を始めたが、水位の違いのために停止した。 [13]しかし、ディオドロスは、ウォーターロックを取り付けた後、プトレマイオス2世によって完成したと報告している。 [17]

プトレマイオス2世は、彼のエンジニアが紀元前274/273年頃に運河の閘門を発明したときに、ナイル川を塩害から守る問題を最初に解決したことで知られている。 [18]

西暦2世紀、天文学者プトレマイオスは、ナイル川から紅海まで続くローマの運河である「トラヤヌスの川」について言及している。[要出典] [要出典] イスラム教の伝承では7世紀までに沈泥で覆われていたが、エジプトを征服したアムル・イブン・アル=アースによって古代に作られたナイル川紅海を結ぶ運河を浚渫し、復興したと伝えられている。 [13]

その後[編集]

その後、ラクダのキャラバンの商品を積み替える陸路は、アレクサンドリアから紅海の港まで、またはカスピ海で積み替えるコーカサス山脈を通り、そこからインドに至るビザンチン北部のシルクロードであった。

ナポレオンは、エジプト遠征中に1799年に運河に遭遇した。

関連項目[編集]

  • 古代エジプトの貿易

出典[編集]

  1. ^ Shahbazi (1994年12月15日). “DARIUS iii. Darius I the Great”. Encyclopedia Iranica. 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ Briant, Pierre (2006). From Cyrus to Alexander: A History of the Persian Empire. Winona Lake, IN: Eisenbraun. p. 384 & 479. ISBN 978-1-57506-120-7 
  3. ^ Lendering. “Darius' Suez Inscriptions”. Livius.org. 2011年5月18日閲覧。
  4. ^ Munn-Rankin (2011年). “Darius I”. Encyclopædia Britannica. 2011年5月18日閲覧。
  5. ^ Schörner 2000, p. 31, 40, fn. 33
  6. ^ Moore 1950, pp. 99–101
  7. ^ Froriep 1986, p. 46
  8. ^ Schörner 2000, pp. 33–35
  9. ^ Meteorology (1.15)
  10. ^ a b The Elder Pliny and John Healey Natural History (6.33.165) Penguin Classics; Reprint edition (5 Feb 2004) ISBN 978-0-14-044413-1 p.70
  11. ^ William Matthew Flinders Petrie, A History of Egypt. Volume 3: From the XIXth to the XXXth Dynasties, Adamant Media Corporation, ISBN 0-543-99326-4, p. 366
  12. ^ Barbara Watterson (1997), The Egyptians, Blackwell Publishing, ISBN 0-631-21195-0, p.186
  13. ^ a b c Redmount, Carol A. "The Wadi Tumilat and the «Canal of the Pharaohs»"Journal of Near Eastern Studies, Vol. 54, No. 2 (Apr., 1995), pp. 127-135
  14. ^ Carte hydrographique de l'Basse Egypte et d'une partie de l'Isthme de Suez (1855, 1882). Volume 87, page 803. Paris. See .
  15. ^ Schörner 2000, p. 40, fn. 33
  16. ^ Schörner 2000, p. 31
  17. ^ Schörner 2000, p. 34
  18. ^ Gmirkin, Russell Berossus and Genesis, Manetho and Exodus: Hellenistic Histories and the Date of the Pentateuch T.& T.Clark Ltd (24 Aug 2006) ISBN 978-0-567-02592-0 p.236

参考文献[編集]

  • Froriep、Siegfried(1986):「ビテュニアのアインワッサーウェグ。 BemühungenderRömer、Byzantiner und Osmanen」、 Antike Welt 、第2特別版、pp。 39〜50
  • ムーア、フランク・ガードナー(1950):「3つの運河プロジェクト、ローマとビザンチン」、アメリカン・ジャーナル・オブ・アーキオロジー、Vol。 54、No。2、pp。 97〜111
  • Schörner、Hadwiga(2000): "KünstlicheSchiffahrtskanäleinderAntike。 Der sogenannte antike Suez-Kanal "、 Skyllis 、Vol。3、No。1、pp。 28〜43