ファニーゲーム U.S.A.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファニーゲーム U.S.A.
Funny Games U.S.
監督 ミヒャエル・ハネケ
脚本 ミヒャエル・ハネケ
製作 クリスチャン・バウテ
クリス・コーエン
ハミッシュ・マカルパイン
アンドロ・スタインボーン
製作総指揮 ナオミ・ワッツ
ヘンガメ・パナヒ
ダグラス・C・スタイナー
出演者 ナオミ・ワッツ
ティム・ロス
マイケル・ピット
ブラディ・コーベット
デヴォン・ギアハート
撮影 ダリウス・コンジ
配給 日本の旗 東京テアトル
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年3月14日
日本の旗 2008年12月20日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国(主導)
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
 オーストリア
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $15,000,000
興行収入 $7,192,671
テンプレートを表示

ファニーゲーム U.S.A.』(Funny Games U.S.)は、2007年に製作され、2008年に公開されたサスペンス

1997年日本では2001年)に公開された『ファニーゲーム』を舞台をアメリカに移してミヒャエル・ハネケが監督したセルフリメイク作品。主演のナオミ・ワッツが製作総指揮も務めた。

PG-12指定

ストーリー[編集]

ファニーゲーム』を参照。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

作品解説[編集]

撮影はロングアイランドで行われた[1]

なお、予告編ではラストに関する重要なネタバレを含んでいる。

各国のレイティング[編集]

  • アメリカ:R(17歳未満保護者同伴必須)
  • 日本:PG-12(12歳未満保護者同伴推奨)
  • イギリス:18
  • アイルランド(劇場):16
  • アイルランド(DVD):15
  • カナダ(ブリティッシュコロンビア州マニトバ州):14A(14歳未満保護者同伴必須)
  • カナダ(オンタリオ州):18A(18歳未満保護者同伴必須)
  • カナダ(ケベック州):18+(18歳未満禁止)
  • ノルウェー:15
  • デンマーク:15
  • シンガポール:NC-16
  • スイス:16
  • フィンランド:K-15
  • スウェーデン:15
  • フランス:-16
  • ドイツ:18
  • オランダ:16
  • イタリア:VM14(14歳未満禁止)
  • 香港:IIB(18歳未満保護者同伴推奨)
  • ニュージーランド:R18
  • オーストリア:16
  • オーストラリア:MA(15歳未満禁止)

脚注[編集]

  1. ^ Funny Games remake talk”. Arrow in the Head (joblo.com) (2007年4月30日). 2009年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]