ファットバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ファットバック(ファットバック・バンド)は、ニューヨークで結成された大型ファンク・バンド。グループの中心は、ビル・カーティス。スレイブと並んで、ヘビー・ファンクの代表的なグループだった。「ユムユム」「スパニッシュ・ハッスル」「ドゥ・ザ・バスストップ」などの代表曲は黒人サークル内でのヒットであり、ポップ・チャートにクロスオーバーはしなかった。それが逆に、熱心なブラック・ミュージック・ファンの間で人気を博す理由になった。1979年の曲「キング・ティムIII」[1]は、シュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」と並び、最も初期のラップ曲とされている。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Let's Do It Again (1972)
  • People Music (1973)
  • Feel My Soul (1974)
  • Keep On Steppin' (1974)
  • Yum Yum (1975)
  • Raising Hell (1975)
  • Night Fever (1976)
  • NYCNYUSA (1977)
  • Man With The Band (1977)
  • Fired Up 'N' Kickin' (1978)
  • Brite Lites/Big City (1979)
  • Fatback XII (1979)

関連項目[編集]

脚注[編集]