ファズラー・ラーマン・カーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ファズラー・ラーマン・カーン
ফজলুর রহমান খান
生誕 1929年4月3日
英領インド ダッカ
死没 1982年3月27日(1982-03-27)(52歳)
サウジアラビア ジッダ
墓地 グレースランド墓地,
イリノイ州シカゴ
国籍 アメリカ合衆国
教育 Bengal Engineering College Shibpur, Bangladesh University of Engineering and Technology, イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校
業績
専門分野 Architectural, 土木工学, 建築構造設計
設計 ジョン・ハンコック・センター, ウィリス・タワー, キング・アブドゥルアズィーズ国際空港, キング・アブドゥルアズィーズ大学, One Magnificent Mile, Onterie Center
受賞歴 アーガー・ハーン建築賞
Independence Day Award,[1]
AIA Institute Honor for Distinguished Achievement

ファズラー・ラーマン・カーンFazlur Rahman Khan,ベンガル語: ফজলুর রহমান খান, Fozlur Rôhman Khan, 1929年4月3日 - 1982年3月27日)は、バングラデシュ系アメリカ人[2]の建築技術者、建築家であり、超高層建築物の重要な構造システムを開発した[3][4][5]。高層建築のための「管状設計の父」と呼ばれ[6]、またCADのパイオニアでもあった。彼は1998年まで世界で最も高い建物だったシアーズ・タワー(現在のウィリス・タワー)と、100階建てのジョン・ハンコック・センターの設計者である。

カーンは他の誰よりも、20世紀後半の超高層ビル建設のルネッサンスを導いた[7][8]。彼は現代の超高層ビル建設にとって基本となった革新的な構造システムを開発したことで、「構造工学のアインシュタイン」「20世紀最高の建築エンジニア」と呼ばれた[3][9]高層ビル・都市居住協議会は彼の栄誉をたたえ、Fazlur R. Khan lifetime achievement medalを設立した。

超高層ビルの建築のほかにもさまざまな建築物を設計しており、その中にはキング・アブドゥルアズィーズ国際空港ターミナルビル、キットピーク国立天文台マクマス=ピアース太陽望遠鏡、いくつかのスタジアムなども彼の作品である[10][11]

注および参照[編集]

[編集]

  1. ^ List of Independence Awardees” (ベンガル語). Cabinet Division, Government of Bangladesh. 2012年11月29日閲覧。
  2. ^ Fazlur R. Khan (American engineer) - Encyclopedia Britannica”. Britannica.com. 2013年12月22日閲覧。
  3. ^ a b Mir, Ali (2001). Art of the Skyscraper: the Genius of Fazlur Khan. Rizzoli International Publications. ISBN 0-8478-2370-9. 
  4. ^ File:Skyscraper structure.png
  5. ^ Lehigh University: Fazlur Rahman Khan Distinguished Lecture Series”. Lehigh.edu. 2013年12月22日閲覧。
  6. ^ Weingardt, Richard (2005). Engineering Legends. ASCE Publications. p. 75. ISBN 0-7844-0801-7 
  7. ^ Richard Weingardt (10 August 2005). Engineering Legends: Great American Civil Engineers : 32 Profiles of Inspiration and Achievement. ASCE Publications. pp. 78–. ISBN 978-0-7844-0801-8. https://books.google.com/books?id=rF1IFsQ0wdcC&pg=PA78 2012年6月26日閲覧。. 
  8. ^ Designing 'cities in the sky'. Lehigh University, Engineering & Applied Science. Retrieved on 2012-06-26.
  9. ^ [1]
  10. ^ Lynn S.Beadle pays tribute to Khan”. Books.google.com.bd (1982年3月27日). 2014年6月18日閲覧。
  11. ^ Lehigh University: Fazlur Rahman Khan Distinguished Lecture Series”. Lehigh.edu. 2014年6月18日閲覧。

参照[編集]

  • Weingardt, Richard G. (2005). Engineering Legends: Great American Civil Engineers: 32 Profiles of Inspiration and Achievement. American Society of Civil Engineers. ISBN 978-0-7844-0801-8. 

参考文献[編集]

  • Khan, Y. S. "Engineering Architecture: the vision of Fazlur R. Khan." New York: W. W. Norton & Company, 2004.

外部リンク[編集]