ピート・ムスコプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル

ピート・ムスコプス 1919
オランダの旗 オランダ
世界選手権自転車競技大会
1921 コペンハーゲン プロスプリント
1922 パリ プロスプリント
1923 チューリッヒ プロスプリント
1924 パリ プロスプリント
1926 ミラノ プロスプリント
1929 チューリッヒ プロスプリント
1930 ブリュッセル プロスプリント

ピート・ムスコプス(Piet Moeskops、1893年11月13日 - 1964年11月16日)は、オランダ、ロースデュインネン出身の名自転車競技トラックレース)選手。

経歴[編集]

本名は、ピーター・ダニエル・ムスコプス(Pieter Daniel Moeskops)。世界自転車選手権・プロスプリントにおいて、史上初の4連覇を達成した名選手である。また彼の偉大なる功績を讃えられ、ビッグ・ペート(Big Pete)という愛称がつけられた。

父親の商売の手伝いとして、自転車で配達を行っていたことをきっかけに自転車レースに参加するようになり、1914年国内選手権・アマスプリントで優勝。しかし、同年に勃発した第一次世界大戦の影響を受け、オリンピック等の国際大会が行われなくなったことから、すぐにプロに転向した。

1921年、コペンハーゲンで開催された世界選手権・プロスプリントにおいて、前年の覇者である、オーストラリアボブ・スピアースを破って同種目初優勝。以後も連覇を続け、1924年に、トーワルド・エレガードが持つ同種目3連覇を超える、4連覇を達成した。

その後、5連覇をかけた、自国・アムステルダムで行われた1925年の世界選手権ではまさかの準決勝敗退となったが、翌1926年は制覇し、5度目の世界一を果たした。しかしその後は、1924年パリオリンピックのスプリント金メダリストであるルシアン・ミシャールの後塵を拝し続けた。なおミシャールは後に、史上2人目の世界選手権・プロスプリント4連覇を達成した。

1933年に引退。引退後は喫茶店を経営。また、1963年に放送されたフォール・デ・フュイスト・ウェーフ(Voor de vuist weg)という番組に、当時人気司会者だったウィレム・デュィス(Willem Duys)とともに出演し、国民的人気を博した。

また、ナイメーヘンハウダには、当人にちなんだ名前の通りがある。

外部リンク[編集]