ピーテル・アールツェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピーテル・アールツェン
Pieter Aertsen
A Meat Stall with the Holy Family Giving Alms - Pieter Aertsen - Google Cultural Institute.jpg
アールツェン作「肉屋の屋台」
生誕1508年ごろ
アムステルダム
死没1575年6月2日
アムステルダム

ピーテル・アールツェン(Pieter Aertsen 、1508年ごろ - 1575年6月2日)は、オランダの画家である。風俗画静物画を描いた。

略歴[編集]

アムステルダムで生まれ、アラルト・クラッツ(Aertgen Claesz. van Leyden:c.1498-c.1564) の弟子であったと伝えられている[1]。長身であったことから「Lange Pier」や「Pietro il Lungo」という仇名で呼ばれた[2]。18歳でアントウェルペンに移り[3] 、1535年にアントウェルペンの聖ルカ組合(Sint-Lucasgilde)に登録され、1542年にアントウェルペンの市民(burgerschap)になった[1]。アントウェルペンで結婚して2人の息子が生まれた。妻の甥、ヨアヒム・ブーケラール(Joachim Beuckelaer: 1534-1574)はアールツェンの後継者となりよく知られた画家となった。

1556年から1557年の間、アムステルダムの旧教会(Oude Kerk)のために装飾画を描く仕事でアムステルダムに戻り、1563年に再びアムステルダム市民となり[4]、1573年にアムステルダムで没した。

市場の情景など風俗画を多く描き、宗教画に風俗画のような情景を描いたりした試みで知られる。また静物画というジャンルの開拓者の一人とされる。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Vanessa Paumen, Pieter Aertsen in: Vorstelijk verzameld, Van Eyck Gossaert Bruegel, Meesterwerken uit het Kunsthistorisches Museum Wenen, red. Sylvia Ferino-Pagden, Till-Holger Borchert, Manfred Sellink, Lannoo, 2012, p.195.
  2. ^ Karel Van Mander, Schilderboeck, Haerlem 1604, f243v-f244r.
  3. ^ Volgens Karel van Mander trok hij eerst naar Bossu (Boussu) in Henegouwen vooaleer zich te vestigen in Antwerpen.
  4. ^ Biografie en werken van Pieter Aertsens op RKD-Nederlands Instituut voor Kunstgeschiedenis.

参考文献[編集]

  • Schilderkunst van A tot Z, MPI Books, Amstelveen, 1997, p. 11