ピーターラビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピーター・ラビットから転送)
移動先: 案内検索
『ピーターラビットのおはなし』よりピーターと家族

ピーターラビット(Peter Rabbit)は、ビアトリクス・ポター児童書に登場する主役キャラクターであり、シリーズ作品の総称ともなっている。「ピーターうさぎ」と翻訳されている場合もある。このキャラクターは擬人化され、明るい青色の上着を着用した姿で描かれている。

1893年9月4日にビアトリクス・ポターが友人の息子に宛てた絵手紙が原型である(同日がピーターラビットの誕生日とされる)。1902年には初の本「The Tale of Peter Rabbit(日本語タイトル:ピーターラビットのおはなし ピーターうさぎ、ピーターうさぎのぼうけん)」が出版される。

ピーターラビットシリーズの累計発行部数は全世界で1億5000万部[1]を超え、日本の福音館書店版は1200万部[2]が発行されている。また第1作の「ピーターラビットのおはなし」の発行部数は全世界で4500万部[3]を超える。

日本では福音館書店版での「ピーターラビット」という表記が最も一般的なものとなっているが、日本以外の多くの国ではPeter Rabbitを各国の言語に翻訳したタイトルで出版されている。日本でも「ピーターうさぎ」というタイトルの翻訳も存在する(詳しくは後述)。

ピーターの登場する作品[編集]

ピーターラビットのおはなし[編集]

『ピーターラビットのおはなし』初版本(1902)

ビアトリクス・ポターの最初の本で、ピーターと彼の家族が紹介された。ある日彼の母は森で遊んでいるピーターと彼の姉妹、フロプシー、モプシー、カトンテールを置いて市場へ出かける。母の言いつけを破ってピーターはマグレガーさんの農場へ忍び込んで、野菜を食べて、マグレガーさんに見つかり、追いまわされる。辛くも逃げ出す事ができたが上着とをなくしてしまい、それはマグレガーさんの新しいカカシへ使用された[4]

ベンジャミンバニーのおはなし[編集]

ピーターのいとこ、ベンジャミンバニーはマクレガー夫妻の留守の間に、ピーターの服が未だにあるへピーターを連れてくる(前夜の雨の所為で服は少し縮んでいた)。ピーターの服を取り返した後、彼らはピーターの母の為にタマネギを盗むが、マクレガーさんのに捕まる。幸運にも、彼らが居ない事に気付いたベンジャミンの父に助けられる。

ティギーおばさんのおはなし[編集]

ピーターはベンジャミンと共に、この話でティギー・ウィンクルが他の衣服の中のピーターの上着を繕う場面で言及されている。

「ジンジャーとピクルズや」のおはなし[編集]

ジンジャーという猫とピクルズという犬による雑貨屋の盛衰の話で、商売の概念が子供にもわかりやすく解説されている。

フロプシーのこどもたち[編集]

ベンジャミンとフロプシー、そして彼らの子供らがレタスを求めて大人になったピーター夫婦の家にやってくる。

キツネどんのおはなし[編集]

ベンジャミンとフロプシーの子供達は悪名高いアナグマ、トミー・ブロックに誘拐される。フロプシーがトミーを入れたベンジャミンの父へ怒りをぶつけている間に、ベンジャミンとピーターがブロックの後を追いかけると、彼はトッド(アヒルのジマイマのおはなしに登場したキツネにそっくりのキャラクター)の家へ隠れる。トッドは彼のベッドにアナグマが寝ているのを見て、の入ったバケツをトミーへ落ちる様にセットする。しかし罠を作動させる前に彼は目覚め、二匹はつかみ合いに入る。それを見ていたピーターとベンジャミンはその間に子供を救出する。

映画化[編集]

  • ピーターラビットと仲間たち/ザ・バレエ (1971年)
    • バレエ映画で、英国ロイヤル・バレエ団が出演。
    • 振付フレデリック・アシュトン。監督レジナルド・ミルズ。
    • ピーター・ラビットをはじめとするビアトリクス・ポターのキャラクター達が、精巧なマスクと衣装に再現され、華麗にバレエを舞いながらメドレー式に5つの物語を追う。絵本の世界は全てバレエで構成され、全体を通してセリフや解説が一言も出てこない異色の映画である。本国イギリスでは大ヒットし、以後は舞台作品として英国ロイヤル・バレエ団の定番レパートリーの一つとなっている。
    • 日本では1978年に公開、2003年にDVD化された(廃盤)。

日本における受容[編集]

日本語訳[編集]

もっとも古い日本語訳は、1918年に『子供之友』(婦人之友社発行)に掲載されたものとされてきた。しかし1906年11月に発行された『日本農業雑誌』(日就社(現読売新聞社)刊)に「お伽小説 悪戯な小兎」(松川二郎による訳)というタイトルで、一部に日本向けアレンジを加えた日本語訳が掲載されていたことが、2007年判明し[6]、それまでの世界最古の外国語訳とされてきた1912年発行のオランダ語訳をもさらに遡る翻訳と認定される可能性があると報道された[7] [8]

また実業之日本社の『幼年の友』1915年第2〜4号に「ピータロー兎」というタイトルで日本語訳が掲載されていた。大東文化大学教授河野芳英の研究により、著者として記されている「海南」が官僚時代の下村宏(海南)である可能性が高いことが、2015年判明したと報じられた[9]

紙芝居は、早くからあったようだ。1900年代エンゼル社のものが流布されたようだが、出版年が明確でない。高橋五山作・蛭田三郎絵・濱田廣介監督の「ピーター兎」は1938年「幼稚園紙芝居第11輯」として出版されている[10]。 

書籍として最初に発行された日本語訳は、1949年世界社から出版された『天がおっこちてくる : アメリカ童話集』所収の『ピイターうさぎ』(ポター原作)、しまてるお著・松田文雄[11]、および1956年光文社から出版された光吉夏弥訳・ 瀬尾太郎絵の『世界新名作童話 ぴーたーうさぎのぼうけん』とエンゼル社から出版された堀尾青史文・たくみ工房美術・酒井善衛撮影の『ピーターうさぎ』(エンゼルブック人形絵本17)である。続いて1965年講談社から那須辰造訳・山田三郎絵の『せかいのおはなし ピーターうさぎ』、1969年偕成社から岸田衿子訳・三好碩也絵の『ピーターうさぎのぼうけん』、1971年旺文社から波多野勤子訳・赤坂包夫絵の『グロースターのようふくやさん』など複数の翻訳が出版されたが、1971年11月福音館書店から石井桃子の翻訳で『ピーターラビットのおはなし』が出版され、その後順次ピーターの登場する作品が翻訳出版されると、日本では福音館書店版がいわゆる定本と見なされるようになった。

その他八木田宜子訳、岡松きぬ子訳、まさきるりこ訳、きたむらまさお訳、中川李枝子訳などが出版されている。

イメージキャラクターとして[編集]

1980年から1990年代までキユーピーマヨネーズ[12]がCMのイメージキャラクターに起用したのを切っ掛けとして、ピーターラビットの登場キャラクターをデザインした瓶入りマヨネーズが今日まで販売されつづけている。また三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)では1988年からイメージキャラクターに起用され、同行が2005年10月1日にUFJ信託銀行と合併した後も、引き続きキャラクターとして使われている。三菱UFJ信託銀行子会社三菱UFJ不動産販売もキャラクター採用している。また2007年には、映画の公開をきっかけとして「こぶたのピグリン・ブランド」がサントリー「DAKARA」のイメージキャラクターとして採用されている。

現在、一部の図書カードの柄、ナガシマスパーランド埼玉県こども動物自然公園のイメージキャラクターとしても使われている。なお埼玉県こども動物自然公園は、大東文化大学の東松山キャンパスが隣接しており、加えて同学の図書館・英米文学科がポターに関する貴重な資料・書籍・原画等を所蔵していることから、同公園内には「大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館」も開設・一般公開されている。

テレビアニメーション[編集]

日本ではフジテレビ系教育番組「ひらけ!ポンキッキ」及びその後継番組「ポンキッキーズ」において、コーナードラマとして放映され、番組特製のテーマソングも製作された。 また、近年ではCS放送「カートゥーンネットワーク」にて放映されており、映像はフジテレビで放映されたものが流用されている。

日本における絵本の絵柄の著作権満了と関連訴訟[編集]

本シリーズの絵本で使用されている各種の絵の著作権保護期間は、日本国内においては2004年(平成16年)5月21日に満了となり、以降は誰でもこの絵柄を使用することが出来る状態にある。

一方、日本における本シリーズの著作権管理を担当していたコピーライツ・ジャパン社は著作権保護期間満了後も、同社が契約する会社が販売するピーターラビット・シリーズのキャラクター製品に、著作権保護がなされていることをほのめかすマルシーマークの表示を求めていた。この行為について、ピーターラビット・シリーズのキャラクターを使用した商品を著作権保護期間満了後に販売することを考えた株式会社ファミリアは、コピーライツ・ジャパン社にファミリア社の製品の販売差し止めを申し立てる権利が存在しないことを確認し、同時にコピーライツ・ジャパン社によるマルシーマーク表示の差し止めを求める訴訟を大阪地方裁判所に起こした[13]

本訴訟の判決は2007年(平成19年)1月30日に言い渡され、コピーライツ・ジャパン社がファミリア社の商品販売差し止めを求める権利を有さないことは認められたが、マルシーマーク表示の差し止めについては違法性が低いとして認められなかった。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Peter Rabbit in China copyright stew、BBC、2003年6月23日。(英語)
  2. ^ ピーターラビット“世界に放ち”1世紀 著作権ビジネスの祖 ポターの半生映画化、フジサンケイ ビジネスアイ、2007年9月14日。
  3. ^ Worker's Press acknowledge Frederick Warne's intellectual property rights
  4. ^ 益田朋幸『ピーターラビットの謎―キリスト教図像学への招待』によれば、このストーリー全体はキリストの「受難」を忠実になぞったもので「聖衣剥奪」(エル・グレコの作品が有名)も描かれているという。
  5. ^ “映画「ピーターラビット」にデイジー・リドリー、エリザベス・デビッキが出演”. 映画ナタリー. (2016年9月29日). http://natalie.mu/eiga/news/203422 2016年9月29日閲覧。 
  6. ^ “「ピーターラビット」翻訳、明治39年の日本語版が最古”. 読売新聞. (2007年5月9日). http://web.archive.org/web/20070513181036/http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20070509it07.htm 2015年11月8日閲覧。 インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  7. ^ “ピーターラビット、明治の雑誌に 最古の翻訳?”. 朝日新聞. (2007年5月12日). http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200705120125.html 2015年11月8日閲覧。 
  8. ^ The First Translation of "The Tale of Peter Rabbit" Found in Japan !”. National Diet Library International Library of Children's Literature (2007-6-update). 2015年11月8日閲覧。
  9. ^ 森田睦 (2015年10月11日). “【記者ノート】ピーターラビット 意外な邦訳者?”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/life/book/news/20151001-OYT8T50048.html 2015年11月8日閲覧。 
  10. ^ 高橋五山 紙芝居の世界へようこそ”. 全甲社. 2015年11月8日閲覧。
  11. ^ 蔵書検索”. 東京都立図書館. 2015年11月7日閲覧。
  12. ^ また1990年代中期には、同社による一社提供番組として知られる「キユーピー3分クッキング」(NTVCBCともに)でオープニング及びクロージング映像にピーターラビットの登場キャラクターを起用したこともある。
  13. ^ 大阪地裁平成19.1.30平成17(ワ)12138著作権に基づく差止請求権不存在確認請求事件

関連項目[編集]

  • ミス・ポター」 - 作家ビアトリクス・ポターに関する伝記映画…2006年(日本では2007年)公開
  • ウェッジウッド - ピーターラビット・シリーズの食器を製造販売している。

外部リンク[編集]