ピーター・ノーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ピーター・ノーマン Portal:陸上競技
選手情報
競技 短距離走
生年月日 1942年6月15日
生誕地 オーストラリアの旗 オーストラリア·ビクトリア州
没年月日 (2006-10-03) 2006年10月3日(64歳没)
死没地 オーストラリアの旗 オーストラリア·メルボルン
身長 178
体重 73
自己ベスト
200m 20.06
編集 テンプレートのヘルプを表示する
オリンピック
男子 陸上競技
オリンピック
1968 200m
1968年メキシコシティーオリンピックの200m走の表彰台で、拳を掲げる金メダリストのトミー・スミス(中央)と銅メダリストのジョン・カーロス(右)。銀メダリストのノーマンも2人の行為に賛同し、OPHRのバッジを着用している。

ピーター・ノーマンPeter Norman, 1942年6月15日 - 2006年10月3日)は、オーストラリアの元短距離陸上競技選手1968年メキシコシティーオリンピック(夏季)の男子200mの銀メダリスト。

このメキシコオリンピックの男子200mの金メダリストと銅メダリストは、アメリカトミー・スミスジョン・カーロスであった。アフリカ系アメリカ人であるスミスとカーロスの両選手は、メダル授与が行われる表彰台の壇上、星条旗が掲揚されている間に黒人公民権運動の象徴であるブラックパワー・サリュート(黒い拳を高く掲げる敬礼、blackpower salute)を行ったことでも知られている。

彼は白人ながらも二人の行動を支持し、同じ表彰台で「人権を求めるオリンピック・プロジェクト」(Olympic Project for Human Rights 略称:OPHR)のバッジを着けた。当初、スミスのみ両手にする計画だったブラックパワー・サリュートにおける黒グローブをスミスとカーロスとそれぞれ分かち合うよう勧めた人物でもあった。

この事件は、彼の選手生命を絶たせてしまうことになる。白豪主義思想が色濃く残るオーストラリアに於いて、これらの行為は同僚およびメディアに公然と非難され、二度とオリンピック代表に選ばれる事はなかった。

その後、メルボルン市内に在住し、オーストラリア政府の公務員としてスポーツレクリエーションに携わる部門に勤めた。しかしメダリストとして大々的に取り上げられることはなかったので、それだけでは生計を立てられない程度の収入しか得られず、精肉店のアルバイトもすることで凌いでいた。晩年は鬱やアルコール依存症およびアキレス腱の怪我に悩まされ、2006年10月3日に死去。葬儀にはスミスとカーロスが参列し、棺側付添人を務めた。

2008年に彼をドキュメンタリー映画にした『サリュート英語版』が公開された。

オーストラリアオリンピック委員会(AOC)がノーマンのオリンピック代表選考において不当な扱いを行った事を公式に謝罪するまで、死後6年を待たなければならなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]