ピート・ドクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピーター・ドクターから転送)
移動先: 案内検索
ピート・ドクター
Pete Docter
Pete Docter
生年月日 (1968-08-10) 1968年8月10日(49歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミネソタ州ブルーミントン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督
ジャンル 映画
アニメ
活動期間 1988年-
配偶者 アマンダ・ドクター

ピート・ドクターPete Docter1968年8月10日 - )はアメリカの映画監督である。

略歴[編集]

ミネソタ州ブルーミントン出身。ピクサー映画の『モンスターズ・インク』を監督したことでよく知られている。彼はブルーミントンのジョン・F・ケネディ高校を卒業した。また、彼はMentor Connectionの元メンバーでもある。

ピクサーに加わる前に、ピートは3作の非コンピュータアニメーション、『Next Door』、『Palm Springs』、『Winter』を製作した。

ドクターはピクサースタジオで、『トイ・ストーリー』、『トイ・ストーリー2』、『バグズ・ライフ』、および『モンスターズ・インク』を製作する上で不可欠の存在であった。彼は、スクリプトの共著者としてそれらのアニメ映画に貢献し、ジョン・ラセターアンドリュー・スタントン、およびジョー・ランフトのような一流のCGIクリエイターと共に働いた。また、彼は『Mr.インクレディブル』のDVDの特典ディスクに収録されているショートアニメ『Mr.Incredible and Pals』でMr.インクレディブルの吹き替えをした。これらの映画すべてが高い評価を受けている。

2004年、ピートは『ハウルの動く城』の英訳を監督するようにジョン・ラセターから依頼された。彼は映画『カーズ』の製作を助けるので忙しかったので、ラセターはその企画を頓挫した。

2009年5月29日に公開された『カールじいさんの空飛ぶ家』でも監督を務め、第37回アニー賞映画監督賞を受賞した。

2009年の第66回ヴェネツィア国際映画祭で、ジョン・ラセターブラッド・バードアンドリュー・スタントンリー・アンクリッチと共に、アニメ映画への多大な貢献を評価され栄誉金獅子賞を受賞した。

私生活[編集]

アマンダ・ドクターと結婚し、ニック(ニコラス)とエリー(エリザベス)という子供がいる。キリスト教徒[1]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sharon Gallagher (1999). “Interview with Pete Docter”. Radix 26:1. オリジナルの2009年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090415132133/http://www.radixmagazine.com/page1PeterDocter.html 2009年4月2日閲覧。. 

外部リンク[編集]