ピーター・ゲッチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピーター・ゲッチェ (Peter C. Gøtzsche) は、デンマークの医学研究者で、デンマークコペンハーゲンにある北欧コクランセンターの代表である。彼は、コクラン共同計画を通じて多数のレビューを書いている。

彼の調査には、偽薬は意外にもほとんど効果がなかったという調査や[1][2][3] 多くのメタアナリシスはデータ抽出の誤りに弱点がある可能性があるといったものである[4]。ゲッチェと彼の共同研究者は、研究方法や、他の科学者による解釈を熱心に批評してきており、その例は偽薬のメタアナリシスにおけるものである[5][6]。ゲッチェはまたメタアナリシスや[7] 医学雑誌の編集者の独立性や[8]医療ゴーストライター英語版について発言している[9]

2013年には、彼の著書、『死にうる薬と組織犯罪:大手製薬会社はいかにして医療を腐敗させたか』(Deadly Medicines and Organised Crime: How Big Pharma has Corrupted Healthcare, 日本語訳未公刊)が刊行された[10]。これは2014年、英国医師会ブック・アワードの、医学の基盤部門の一等賞を受賞した[11][12]

2014年4月30日、英貴族院にて根拠に基く精神医学評議会(Council for Evidence-based Psychiatry)の開始が宣言され、過剰診断英語版過剰治療に対抗し、薬物療法の有害な影響を公表することを目標としている[13]。2017年のドキュメンタリー映画、『精神医学を診断する』(邦訳なし、Diagnosing Psychiatry)が公開された。

経歴[編集]

ピーター・ゲッチェは、生物学と化学の学位を取得し、アストラの営業担当者としてキャリアを開始し、働きながら医学部にも通った[14]。彼は内部から、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)においていかに試験が悪用されるかを調べた[14]。NSAIDのランダム化比較試験のバイアスに焦点を当て、資金援助が結果に影響を与える[15]という重要な知見を得た[14]。そして彼は、コクラン共同計画を支援し、また北欧コクランセンターを設立することになる[14]

マンモグラフィー・スクリーニングへの批判[編集]

ゲッチェは、乳がんに対するスクリーニングとしてマンモグラフィーを使用することを批判してきており、正当化できないと主張してきた;彼の主張は議論となった[16]。マンモグラフィー・スクリーニング研究のメタアナリシスに端を発する彼の批判は、「マンモグラフィーによる乳がんに対するスクリーニングは正当化可能か?」(Is screening for breast cancer with mammography justifiable?)は、2000年に『ランセット』に掲載された[17]。その中で彼は、無作為化が不十分であると反論し、8研究中6つを切り捨てた。

2006年には、マンモグラフィー・スクリーニングについてのゲッチェによる論文が、印刷前の電子出版のEuropean Journal of Cancerに掲載された[18]。後にその雑誌は、いかなる正式な撤回もなく、ウェブサイトから完全にその論文を削除した[19]。 後にその論文は、編集者による短い注釈つきでDanish Medical Bulletinに掲載されており[20]、ゲッチェと彼の共同研究者は、同研究者らが関与しなかった一方的な撤回について発言している[21]

2012年には、彼の著書、『マンモグラフィー・スクリーニング:真実、嘘と論争』(Mammography Screening: Truth, Lies and Controversy, 日本語訳未公刊)が刊行された[22]

製薬産業による犯罪[編集]

2012年ゲッチェは、「製薬産業による企業犯罪は一般的で、深刻かつ反復的である」と題する論文を公開し、その短縮版が『イギリス医師会雑誌』(BMJ)に掲載された[23]。近年、大規模な適応外使用の違法なマーケティングが繰り返され、それは実際に司法によって裁かれ数十億ドルの罰金も科されている。

2013年には、彼の著書、『死にうる薬と組織犯罪:大手製薬会社はいかにして医療を腐敗させたか』(Deadly Medicines and Organised Crime: How Big Pharma has Corrupted Healthcare, 日本語訳未公刊)が刊行された[10]。これは英国医師会(British Medical Association:BMA)によるBMAブック・アワード2014の、医学の基盤(Basis of medicine)部門の一等賞(First prize)を受賞した[11][12]

2015年9月には、『死に至らしめる精神医学と組織的否認』(Deadly Psychiatry and Organised Denial, 日本語訳未公刊)が[24]、刊行された。

根拠に基く精神医学評議会[編集]

根拠に基く精神医学評議会(Council for Evidence-based Psychiatry)は、近代精神医学の前提に挑戦するために設立され[25]、精神医学における過剰診断英語版過剰治療に対抗し[13]、精神科薬物療法の有害な影響を公表することにあり、2014年4月30日英貴族院にて開始が宣言された[13]

多くの先進国において、金融危機に先行して精神と行動の障害の障害給付金が増加し、その薬物療法は人々を職務復帰させることができないことを示している[26]

追放[編集]

2018年5月のヒトパピローマウイルスワクチンについてのコクラン・レビューについての論文について、ピーターらは7月に議論を起こしていた[27]。そのBMJ Evidence Basedに掲載された「コクランHPVワクチンのレビューは不完全かつバイアスについての重要な証拠を無視している」では、ピーターらの1月の調査で既に46件のランダム化試験が完了しているのに、26件の試験を使ったしその他の副作用についての情報をいくつかの点で見落としていると指摘していた[28]

9月14日[29]、ピーターの追放について12人の理事の6人が賛成、5人が反対し、追放の決定後にこのような追放はコクランの精神に反するとして4人の理事が辞任を表明した[27]。続いて2人が辞任を求め、コクランは理事の半分を失うことにつながった[30]

ゲッチェは倫理統制の危機だという声明を発し、サイエンスマガジンの取材に対して、コクランへの出資者が圧力をかけたのではないかと漏らした。2012年にマーク・ウィルソンがコクランのCEOとなってから、商業に対して友好的になってきており、追放はこうした動きの一部だと述べている。[27]

脚注[編集]

  1. ^ Asbjørn Hrobjartsson & Peter C. Gøtzsche (2002年1月). “Hvad er effekten af placebobehandling? En systematisk oversigt over randomiserede kliniske forsøg med placebobehandlede og ubehandlede patienter [What is the effect of placebo interventions? A systematic review of randomised trials with placebo treated and untreated patients]”. Ugeskrift for Læger 164 (3): 329–333. PMID 11816328. 
  2. ^ Asbjørn Hrobjartsson & Peter C. Gøtzsche (2003年). “Placebo treatment versus no treatment”. Cochrane Database of Systematic Reviews (1): CD003974. doi:10.1002/14651858.CD003974. PMID 12535498. 
  3. ^ A. Hrobjartsson & P. C. Gotzsche (2004年8月). “Is the placebo powerless? Update of a systematic review with 52 new randomized trials comparing placebo with no treatment”. Journal of Internal Medicine 256 (2): 91–90. doi:10.1111/j.1365-2796.2004.01355.x. PMID 15257721. 
  4. ^ Peter C. Gøtzsche, Asbjørn Hróbjartsson, Katja Maric, Britta Tendal (2007年7月). “Data Extraction Errors in Meta-analyses That Use Standardized Mean Differences”. JAMA 298 (4): 430–437. doi:10.1001/jama.298.4.430. PMID 17652297. http://jama.ama-assn.org/cgi/content/abstract/298/4/430.  その論文にも誤りがあるというコメント:
  5. ^ Asbjørn Hróbjartssona & Peter C. Gøtzsche (2006年4月). “Unsubstantiated claims of large effects of placebo on pain: serious errors in meta-analysis of placebo analgesia mechanism studies”. Journal of Clinical Epidemiology 59 (4): 336. doi:10.1016/j.jclinepi.2005.05.011. PMID 16549252. 
  6. ^ Asbjørn Hróbjartsson, Peter C. Gøtzsche (2007年). “Powerful spin in the conclusion of wampold et al.'s re-analysis of placebo versus no-treatment trials despite similar results as in original review”. Journal of Clinical Psychology 63 (4): 373–377. doi:10.1002/jclp.20357. PMID 17279532. 
  7. ^ Peter C. Gøtzsche (2000年9月). “Why we need a broad perspective on meta-analysis”. BMJ 321 (7261): 585–586. doi:10.1136/bmj.321.7261.585. http://www.bmj.com/cgi/content/full/321/7261/585. 
  8. ^ Peter C. Gøtzsche (2008年). “Ytringsfrihed og redaktionel uafhængighed: Fire fyringer og en kafkask proces”. Ugeskrift for Læger 170 (18): 1537. http://www.ugeskriftet.dk/LF/UFL/2008/18/pdf/VP03080143.pdf. 
  9. ^ Peter C. Gøtzsche, Jerome P. Kassirer, Karen L. Woolley, Elizabeth Wager, Adam Jacobs, Art Gertel, Cindy Hamilton (2009年). “What Should Be Done To Tackle Ghostwriting in the Medical Literature?”. PLoS Medicine 6 (2): e1000023. doi:10.1371/journal.pmed.1000023. PMC 2634793. PMID 19192943. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2634793. 
  10. ^ a b Gotzsche, Peter (2013). Deadly Medicines and Organised Crime: How Big Pharma has Corrupted Healthcare. Radcliffe. ISBN 9781846198847. 
  11. ^ a b Medical book awards winners by category” (British Medical Association). 2015年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  12. ^ a b Peter Gøtzsche's latest book`Deadly Medicines and Organised Crime: How Big Pharma has Corrupted Healthcare'wins first prize in BMA book awards 2014” (2014年10月21日). 2015年1月30日閲覧。
  13. ^ a b c Chanchlani, N. (2014年6月). “New UK council to curb psychiatry” (pdf). Canadian Medical Association Journal. doi:10.1503/cmaj.109-4814. PMID 24914114. http://www.cmaj.ca/content/early/2014/06/16/cmaj.109-4814.full.pdf. 
  14. ^ a b c d Book Review: `Deadly Medicines and Organised Crime: How Big Pharma Has Corrupted Healthcare' by Peter Gøtzsche”. PLOS Blogs (2014年3月10日). 2014年6月4日閲覧。
  15. ^ Gøtzsche, Peter C. (1989年). “Methodology and overt and hidden bias in reports of 196 double-blind trials of nonsteroidal antiinflammatory drugs in rheumatoid arthritis”. Controlled Clinical Trials 10 (1): 31–56. doi:10.1016/0197-2456(89)90017-2. ISSN 01972456. 
  16. ^ Donald G. McNeil, Jr. (2002年4月9日). “CONFRONTING CANCER: SCIENTIST AT WORK -- PETER GOTZSCHE; A Career That Bristles With Against-the-Grain Conclusions”. New York Times. http://www.nytimes.com/2002/04/09/science/confronting-cancer-scientist-work-peter-gotzsche-career-that-bristles-with.html 
  17. ^ Peter C. Gøtzsche, Ole Olsen (2000年1月). “Is screening for breast cancer with mammography justifiable?”. The Lancet 355: 129+. doi:10.1016/S0140-6736(99)06065-1. 
  18. ^ Zahl, PH; Gøtzsche, PC; Andersen, JM; Mæhlen, J (2006年3月). “WITHDRAWN: Results of the Two-County trial of mammography screening are not compatible with contemporaneous official Swedish breast cancer statistics”. European Journal of Cancer. doi:10.1016/j.ejca.2005.12.016. PMID 16530407. 
  19. ^ Kerry Grens (2006年12月). “Mammography article withdrawal sparks dispute”. The Scientist. http://www.the-scientist.com/templates/trackable/display/news.jsp?type=news&o_url=news/display/38455&id=38455. 
  20. ^ Per-Henrik Zahl, Peter C. Gøtzsche, Jannike Mørch Andersen, Jan Mæhlen (2006年11月). “Results of the Two-County trial of mammography screening are not compatible with contemporaneous official Swedish breast cancer statistics”. Danish Medical Bulletin 53: 438–440. オリジナルの2007年6月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070621235925/http://www.danmedbul.dk/Dmb_2006/0406/0406-artikler/DMB3890.htm. 
  21. ^ Peter C Gøtzsche, Jan Mæhlen, Per-Henrik Zahl (November–December 2006). “What is a publication?”. The Lancet 368 (9550): 1854–1856. doi:10.1016/S0140-6736(06)69756-0. 
  22. ^ Gøtzsche, Peter C (2012). Mammography Screening: Truth, Lies and Controversy. Milton Keynes: Radcliffe Publishing Ltd. pp. 400. ISBN 978-1-84619-585-3. http://radcliffe-oxford.com/books/bookdetail.aspx?ISBN=1846195853. 
  23. ^ Peter C. Gøtzsche (14 Dec 2012) (pdf). Corporate crime in the pharmaceutical industry is common, serious and repetitive (Report). Nordic Cochrane Centre. http://www.cochrane.dk/research/corporatecrime/Corporate-crime-long-version.pdf 2014年6月4日閲覧。. , これの短縮版は以下である:Gotzsche, P. C. (2012年). “Big pharma often commits corporate crime, and this must be stopped”. BMJ 345 (dec14 3): e8462–e8462. doi:10.1136/bmj.e8462. PMID 23241451. 
  24. ^ Peter C. Gøtzsche 2015.
  25. ^ Peter Gøtzsche (2013年4月30日). “Psychiatric drugs are doing us more harm than good”. the Guardian. http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/apr/30/psychiatric-drugs-harm-than-good-ssri-antidepressants-benzodiazepines 2014年6月4日閲覧。 
  26. ^ “Council for Evidence-based Psychiatry launches today with data showing dramatic rise in mental health disability” (pdf) (プレスリリース), Council for Evidence-based Psychiatry, (2014年4月30日), http://cepuk.org/2014/04/30/council-evidence-based-psychiatry-launches-today-data-showing-dramatic-rise-mental-health-disability/ 2014年6月4日閲覧。 
  27. ^ a b c Enserink, Martin (2018年). “Evidence-based medicine group in turmoil after expulsion of co-founder”. Science. doi:10.1126/science.aav4490. 
  28. ^ Jørgensen L, Gøtzsche PC, Jefferson T (2018年7月). “The Cochrane HPV vaccine review was incomplete and ignored important evidence of bias”. BMJ Evid Based Med. doi:10.1136/bmjebm-2018-111012. PMID 30054374. https://dx.doi.org/10.1136/bmjebm-2018-111012. 
  29. ^ Vesper, Inga (2018年). “Mass resignation guts board of prestigious Cochrane Collaboration”. Nature. doi:10.1038/d41586-018-06727-0. https://dx.doi.org/10.1038/d41586-018-06727-0. 
  30. ^ Trish Greenhalgh (2018年9月17日). “Trish Greenhalgh: The Cochrane Collaboration—what crisis?”. 2018年9月20日閲覧。

著書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]