ピーター・ケネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・ケネン(Peter B. Kenen、1932年11月30日 - 2012年12月18日)は、オハイオ州クリーヴランドで生まれたアメリカ経済学者
コロンビア大学教授のあと、プリンストン大学教授(Walker Professor of Economics and International Finance名誉教授)を務め、専門は国際金融論、国際経済学である。

略歴[編集]

  • 1932年 オハイオ州クリーヴランドで生まれる。
  • The Bronx High School of Scienceに通う。
  • 1954年 コロンビア大学を卒業する(B.A.、summa cum lude)。
  • 1956年 ハーバード大学でM.A.を取る。
  • 1956年~1957年 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスLSE)でリサーチ・スチューデントとして学ぶ。
  • 1957年~1958年 コロンビア大学の経済学専任講師となる。
  • 1958年 ハーバード大学よりPh.D.を得る。
  • 1958年~1959年 ハーバード大学からダビッド・A・ウェルス賞を受ける(Asset Markets, Exchange and Economic Integration, with Polly Allen)。
  • 1958年~1961年 コロンビア大学助教授となる。
  • 1960年 ケネディ大統領の「外国経済政策大統領タスクフォース」のメンバーとなる。
  • 1961年~1964年 コロンビア大学准教授となる。
  • 1961年 経済顧問会議のコンサルタントとなる。
  • 1961年~1968年 財務省のコンサルタントとなる(その後も、1978年~1980年、1995年~1996年、1998年~1999年)。
  • 1964年~1968年 予算局のコンサルタントとなる。
  • 1964年~1971年 コロンビア大学教授となる。
  • 1967年~1969年 コロンビア大学経済学部長となる。
  • 1969年~1970年 コロンビア大学学長(Provost)を務める。
  • 1971年 コロンビア大学教授(Wesley Clair Mitchell Research Professor)となる。
  • 1971年~2004年 プリンストン大学教授(Walker Professor of International Finance)となる。
  • 1971年~1999年 プリンストン大学で国際金融セクションの管理者となる。
  • 1977年 コロンビア大学よりユニヴァーシティ・メダル・フォー・エクセレンスを受ける。
  • 1983年~1984年 オーストラリア国立大学の教授フェローとなる。
  • 1990年~1995年 ニューヨーク連邦準備銀行の経済顧問委員会のメンバーとなる。
  • 1990年 IMFのコンサルタントとなる(その後も、1992年、1999年)。
  • 1991年~1992年 イングランド銀行のHoublon-Normanフェローとなる。
  • 2000年~2001年 東部経済学会会長を務める。
  • 2002年 ウェリングトンのヴィクトリア大学ニュージーランド準備銀行で教授フェローとなる。
  • 2004年 プリンストン大学名誉教授
  • 2005年~2008年 外交評議会の補助上級フェローとなる。
  • 2012年12月18日 呼吸器不全のためプリンストンの自宅で死去[1]。80歳没。

家族[編集]

  • 妻Regina Horowitz Kenenと4人の子どもがいる。

著作[編集]

日本語訳[編集]

原書[編集]

  • British Monetary Policy and the Balance of Payments, 1951-1957. Harvard University Press, Cambridge, 1960.
  • Giant among Nations: Problems in United States Foreign Economic Policy. Harcourt Brace, New York, 1960(reprinted with "Postscript" by Rand-McNally, Chicago, 1963)
  • Money, Debt, and Economic Activity. Prentice-Hall, Englewood Cliffs: Third Edition, 1961(with A.G.Hart);Japanese and Spanish translations. Fourth Edition, 1969(with A.Entine and A.G.Hart)
  • International Economics. Prentice-Hall, Englewood Cliffs: First Edition, 1964; Dutch, Italian, Japanese, Portuguese, Spanish, and Swedish translations. Second Edition, 1967. Third Edition, 1971(with R.Lubitz).
  • A Model of the U.S. Balance of Payments. Lexington Books, Lexington, 1978(in association with D.P.Dungan and D.L.Warner).
  • Asset Markets, Exchange Rates, and Economic Integration. Cambridge University Press, London & New York, 1980(with P.R.Allen);Parts Ⅰ-Ⅲ reprinted as Asset Markets and Exchange Rates: Modeling an Open Economy, Cambridge University Press, London & New York, 1983
  • The International Economy. Prentice-Hall, Englewood Cliffs: First Edition, 1985; Second Edition, 1989. Cambridge University Press, London & New York: Third Edition, 1994; Fourth Edition, 2000.
  • Exchange Rates and Policy Coordination. University of Manchester Press, Manchester, and University of Michigan Press, Ann Arbor, 1989
  • Economic and Monetary Union in Europe; Moving beyond Maastricht. Cambridge University Press, London & New York, 1995
  • The International Financial Architecture; What=S New? What=S Missing?. Institute for International Economics, Washington, 2001
  • Regional Monetary Integration. Cambridge University Press, London & New York, 2007(with E.E.Meade)

脚注[編集]

[ヘルプ]