ピーター・ウィレム・ボータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・ウィレム・ボータPieter Willem Botha1916年1月12日2006年10月31日)は、南アフリカ共和国政治家。南アフリカ共和国首相(在任期間1978年から1984年)、大統領(在任期間1984年から1989年)を歴任した。アパルトヘイト(人種隔離政策)の完全撤廃と人種間の平等を求める国際世論に対して頑強に抵抗した。通称は、PWまたは、アフリカーンス語で「ワニ」を意味するDie Groot Krokodil。1943年に結婚したエリザ夫人との間に二人の息子、三人の娘がいる。

生い立ち[編集]

オレンジ自由州ボーア人アフリカーナー)の両親の下に生まれる。実父はボーア戦争に軍人として参画した経歴を持つ。グレイ・ユニバーシティ・カレッジ(現在のフリーステイト大学University of the Free State)で法律を学ぶ。20歳の時にカレッジを中途退学し、ケープ州国民党組織で働き始め、1946年にはアパルトヘイト政策を提言することになるサウアー委員会の一員となる。

第二次世界大戦中、ボータは、ナチス・ドイツを支持していたとされ、ブルームフォンテーン右翼組織・牛車の番人Ossewabrandwag)に入党する。しかし連合国が勝利するとキリスト教ナショナリズムに転向、ファシズムを批判し、古巣であった牛車の番人団を国政の妨害者と非難した。

政治的経歴[編集]

1948年、国民党から国会議員に立候補し当選する(地盤はケープ州東部)。この選挙で国民党を中心とするマラン四党連立政権は、アパルトヘイト政策を本格的に推進することとなる。1958年に発足したヘンドリック・フルウールト政権では副内相に就任。1966年バルタザール・フォルスター内閣で国防相に就任する。1972年には主要閣僚や警察庁長官らから成る「国家安全保障評議会」を設置。同組織を通じ政治的影響力を強化すると同時にイスラエルとの協力関係を通じ、核開発に踏み切ったのも同時期だとされる。1978年9月、フォルスターが辞任し、議会によって後継首相に選出された。ボータは保守派ではあったが、前任のフォルスター以上に政治家としてはプラグマティストであった。ボータは南アにおける白人政権を維持を図る一方で非白人以外の人種に対する自治権を考慮に入れた一種の連邦制に南アを再編する構想を持っていた。

1984年立法行政の両権を白人(定数:178人、内任命議席が12)、カラード(定数:85人)、インド(定数:45人)系国民に分与し白人支配体制から「三人種体制」に移行、憲法改正により権限を強化した大統領(執行大統領)に就任する。1985年にはアパルトヘイト政策を成す、雑婚禁止法背徳法の廃止に踏み切るものの、同政策の基幹3法(原住民土地法集団地域法等)の撤廃に関しては断固拒否した。1987年の総選挙では123議席を獲得し(任命議席を併せ133)支配体制を強化した。

1986年、南ア全土に黒人暴動が拡大すると非常事態を宣言するとともに、ネルソン・マンデラを釈放しようとした。しかし、これは国際社会及び国内世論の非難回避をねらったものであり、徹頭徹尾、黒人解放運動に対しては対決的であり、弾圧政策を推進した。このことが次第に政権内の穏健派から反発される。一方で、ボータの実利論的な政策は、国民党内の強硬派からは「日和見的」と批判を受け、ボータを良しとしないアンドリース・トリューニヒトら国民党内の強硬派は1992年保守党を結成することになる。

1989年に、F・W・デクラークにその座を譲り、大統領を辞任した。アパルトヘイト体制崩壊後に発足した真実和解委員会の証言は最後まで拒否した。

2006年10月31日、西ケープ州の自宅で死去した。90歳[1]

脚注[編集]

先代:
B・J・フォルスター
南アフリカの旗 首相
1978 - 1984
次代:
廃止
先代:
マレー・フィリューン
南アフリカの旗 大統領
第6代 : 1984 - 1989
次代:
F・W・デクラーク