ピーター・アッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピーター・アッシャー
CBE
Peter Asher playing in Boston 2012.jpg
2012年8月8日、マサチューセッツ州サマービルのジョニーD's で演奏するアッシャー
基本情報
生誕 (1944-06-22) 1944年6月22日(77歳)
イングランド・ロンドンパーク・ロイヤル[1]
ジャンル トラディショナル・ポップポップ
職業 ミュージシャン、プロデューサー、俳優
担当楽器 ボーカル・ギター
活動期間 1952年–現在
レーベル キャピトルアップルワーナー・ブラザースコロムビア
共同作業者 ピーター・アンド・ゴードンジェームス・テイラーリンダ・ロンシュタット

ピーター・アッシャーCBE[2]Peter Asher、1944年6月22日生)はイングランドのギタリスト、歌手、マネージャーおよびレコードプロデューサー。アッシャーはマネージャーおよびレコード・プロデューサーとして成功する前に、ポップ・ボーカルデュオ、ピーター・アンド・ゴードンのメンバーとして1960年代に成功を収めていた。2018年、アッシャーはチャド・アンド・ジェレミー英語版ジェレミー・クライド英語版と共に、ピーター・アンド・ジェレミーという新しいデュオとしてツアーを行い、それぞれのカタログからヒット曲を演奏した[3][4]。2019年、アッシャーはビートルズについての個人的な回想を綴った The Beatles from A to Zed を刊行した[5]

生い立ち[編集]

アッシャーはセントラル・ミドルセックス病院でリチャードマーガレット・アッシャー(旧姓エリオット)の間に生まれた。父親はセントラル・ミドルセックス病院で血液病および精神病のコンサルタントを務めるとともに、アナウンサーおよび特筆すべき医学的記事の著者でもあった。母親はギルドホール音楽演劇学校の教授だった。彼女の生徒の一人にはジョージ・マーティンがいた[6]。アッシャーは放送女優兼学校調査官のクレア・アッシャーとジェーン・アッシャーの兄である[7]

8歳の時にアッシャーは子役としての活動を始め、映画The Planter's Wife や、舞台劇の『素晴らしき哉人生』に出演した。10歳で『素晴らしき哉人生』の1953年版映画で中心的な子役を務め、セシル・パーカー英語版ドナルド・ウォルフィット英語版と言ったスターと共演した。1955年にロジャー・マクドゥーガル英語版の戯曲を基にした映画Escapade の中で、一番下の弟のジョニーを演じた。この映画にはジョン・ミルズおよびアラステア・シム英語版が出演した。アッシャーはITVのドラマ『ロビン・フッドの冒険』にも出演した。

1956年、アッシャーはボリス・カーロフ主演のテレビシリーズColonel March of Scotland Yard (スコットランドヤードのマーチ大佐)の短編映画The Talking Head に12歳で出演した。

1966年、ゴードン・ウォラー英語版(右)と一緒のアッシャー(左)

ウェストミンスター・スクールの通学生として通ううちに生徒仲間のゴードン・ウォラー(1945年生、2009年没)英語版と出会い、二人はカフェでデュオとして演奏し、歌うようになった。1962年、二人は正式にピーター・アンド・ゴードンとして活動を開始した。彼らの最初の(そして最大の)ヒットは1964年のレノン=マッカートニーの曲「愛なき世界」だった。アッシャーの妹のジェーンは1960年代中ごろにポール・マッカートニーの恋人だった。このつながりを通して、アッシャーとウォラーは未録音のレノン=マッカートニーの楽曲を手に入れた[8]

アッシャーはその後にキングス・カレッジ・ロンドンで哲学を学んだ[9]

1965年、アッシャーは歌手のマリアンヌ・フェイスフルジョン・ダンバー英語版ケンブリッジで結婚する際に介添人を務めた[6]

ピーター・アンド・ゴードン解散後の1968年、アッシャーはビートルズのアップル・レコードA&Rの職につき、まだ無名だったジェームス・テイラーと契約して、このシンガー・ソングライターのデビュー・ソロアルバムのプロデュースを引き受けた[10]。アルバムは成功しなかったが、アッシャーはテイラーがとてつもないポテンシャルを秘めていることを見抜き、アップルを辞職してアメリカに渡り、テイラーのマネージャーとして働き始めた。アッシャーはイギリスでのみシングルとしてリリースされたポール・ジョーンズ英語版によるビージーズの「そして太陽は輝く英語版」のカバーをプロデュースした[11]。アッシャーはまた、1970年から1985年にかけて『スウィート・ベイビー・ジェームス』、『マッド・スライド・スリム』、『JT』および『フラッグ英語版』といったいくつものテイラーのレコーディングをプロデュースした。

1970年代とその後[編集]

1970年代の初め、アッシャーは子会社のクリーン・レコードを通してアトランティック・レコードでレコーディングした、マイケル・フォンディラーとトム・スノウ英語版をフィーチャーしたカントリー・ロック・バンドのCounryのマネージメントも行っていた。その頃、アッシャーはジェームス・テイラーの妹のケイト・テイラーのマネージャーも務めていたが、ケイトが音楽業界から離れる決意をしたときに、ケイトからリンダ・ロンシュタットのマネージャーになることを勧められた[12]。アッシャーはジェームス・テイラーの『スウィート・ベイビー・ジェームス』、『JT』および『フラッグ英語版』や、リンダ・ロンシュタットの『悪いあなた』、『夢はひとつだけ』、『ミス・アメリカ』、『ホワッツ・ニュー』、『カンシオーネス・デ・ミ・パードレ英語版』および『クライ・ライク・ア・レインストーム』といった連綿と続くマルチ・プラチナ・アルバムをプロデュースして大成功を収めた。

ウェスト・ハリウッドロキシー・シアター英語版は元々のパートナーのデヴィッド・ゲフィンエリオット・ロバーツ英語版、ピーター・アッシャーとともにエルマー・ヴァレンタイン英語版ルー・アドラー英語版によって1973年9月23日にオープンした。

アッシャーは1970年代に著名なウェストコースト・ロックのサウンドを形作る役を果たし、ロンシュタット、J.D.サウザーアンドリュー・ゴールド、およびボニー・レイットのレコードをプロデュースした。 1976年、アッシャーとウォラーは毎年恒例のニューヨークでの「ビートルズ・ファンのための祭典英語版」に出演するために再結成し、ほかに数日演奏を行った[13]。 1980年代、アッシャーはシェールからen:10,000 Maniacsまでの幅広いアーティストのヒットアルバムを手掛けた。

1995年2月、アッシャーはソニー・ミュージックエンタテインメント(米国法人)の上級副社長に指名された。2002年初頭、アッシャーはソニーを去り、サンクチュアリー・アーティスト・マネージメントの共同社長としてフルタイムのアーティストのキャリアマネージメントに復帰した。2005年1月には社長に指名され、2006年9月に辞職するまでその職に留まった。2007年にディクシー・チックスのマネージャーで友人のサイモン・レンショー英語版が設立したストラテジック・アーティスト・マネージメントに合流した。ストラテジックはエンターテイメント業界で支配的な勢力に成長し、今では音楽だけではなく、さままな分野のアーティストのマネージメントを行っており、アッシャーのクライアントの一人にはパメラ・アンダーソンも含まれている。アッシャーはまた、2007年に録音されたキャロル・キングおよびテイラーのオリジナルバンドとのアルバム『トルバドール・ユニオン英語版』のプロデューサーとしてジェームス・テイラーと再会した。

2005年から2006年にかけて、ピーター・アンド・ゴードンが不定期のコンサートのために再結成された。しかしながら、ウォラーが2009年に他界し、その死亡記事ではタイムズ紙は「ウォラーは少しオタクっぽいアッシャーよりもハンサムだと思われていた」と述べた[14]

アッシャーは俳優のマイク・マイヤーズが『オースティン・パワーズ』のキャラクターをアッシャーの外見に倣ってパターン化したとの発言で言及されていたが[13]、『オースティン・パワーズ』で共演したエリザベス・ハーレイは、モデルになったのはアナウンサーのサイモン・ディー英語版だったと主張している[15]

2011年、アッシャーはコンピレーション・アルバム『リッスン・トゥ・ミー:バディ・ホリー』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるとともに、音楽監修、プロデューサー、そしてPBSの運営資金募金特別番組 Buddy Holly: Listen to Me; The Ultimate Buddy Party の共同司会も担当した。PBSの募金特別番組として2011年12月と2012年の5月と6月に放送されたバディ・ホリーのトリビュート・コンサートでは観客の前で演奏し、それが撮影された。特別番組はテレビ番組、セグメント、プロモーション・ピースのカテゴリーで最高の2012年のシルバー・テリー賞を受賞した[16]

アッシャーは2015年の新年叙勲式でイギリスの音楽産業への貢献で大英帝国勲章(CBE)を受勲した[17][18]

2017年5月、アッシャーは新設されたシリウスXMラジオの "From Me To You" というビートルズについての毎週の1時間番組でデビューした。

また、2017年のレイバー・デイの週末にシリウスXMラジオで放送され、その後も頻繁に再放送されるビートルズ・チャンネルのトップ100ビートルズ・カウントダウン "All Together Now" を解説付きでアナウンスした。

2016年以降、ピーター・アッシャーはアルバート・リーとのデュオの一方として、エドモントン・フォーク・ミュージック・フェスティバルなどのショーで、二人のキャリアからの曲を披露している[19]。現在はカリフォルニア州ベニスに在住している。

2018年、アッシャーはチャド・アンド・ジェレミー英語版で有名なジェレミー・クライド英語版とともに演奏活動を行っている[20]

2012年10月6日、フェニックスにて

私生活[編集]

アッシャーは歌手でミリーとして知られる "My Boy Lollipop" を歌ったミリー・スモール英語版と短い期間恋愛関係にあった[6]

二度結婚しており、最初の妻はベッツィ・ドスターだった。1983年、ウェンディ・ワースと二度目の結婚をした。彼らの娘のヴィクトリア・アッシャー英語版は1984年に生まれた[21]。彼女はアメリのシンセポップ/ポップ・パンク・バンド、コブラ・スターシップキータリストである。

受賞と認証[編集]

グラミー賞[編集]

CBE[編集]

ディスコグラフィー[編集]

演奏者として[編集]

特記あるものを除きピーター・アンド・ゴードンとしてリリース

アルバム
1964 In Touch With...
1964 Peter and Gordon
1964 World Without Love
1965 Hurtin' 'n' Lovin'
1965 I Don't Want to See You Again
1965 I Go To Pieces
1965 True Love Ways
1966 Best of Peter and Gordon
1966 Peter and Gordon Sing and Play the Hits of Nashville
1966 Somewhere
1966 Woman
1967 In London for Tea
1967 Knight in Rusty Armour
1967 Lady Godiva
1967 Hot Cold and Custard
1972 Gordon (ゴードン・ウォラーのソロアルバム)
1983 Best of Peter and Gordon
1983 Hits of Peter and Gordon
1991 Best of Peter and Gordon
2001 Ultimate Peter and Gordon
2003 Definitive Collection: Knights in Rusty Armour

プロデューサーとして[編集]

アルバム アーティスト
1968 ジェームス・テイラー ジェームス・テイラー
1969 Barbara Keith バーバラ・キース英語版
1970 Jo Mama ジョー・ママ
1970 スウィート・ベイビー・ジェームス ジェームス・テイラー
1971 マッド・スライド・スリム ジェームス・テイラー
1971 シスター・ケイト英語版 ケイト・テイラー
1971 Tony Joe White トニー・ジョー・ホワイト
1971 Bad Girl Songs トニー・コジネク
1972 ワン・マン・ドッグ ジェームス・テイラー
1973 ドント・クライ・ナウ リンダ・ロンシュタット
1974 悪いあなた リンダ・ロンシュタット
1975 哀しみのプリズナー リンダ・ロンシュタット
1975 Black Rose J.D.サウザー
1976 風にさらわれた恋 リンダ・ロンシュタット
1976 Love Songs デイヴィッド・サンボーン
1976 What's Wrong with This Picture? アンドリュー・ゴールド
1977 JT ジェームス・テイラー
1977 夢はひとつだけ リンダ・ロンシュタット
1978 ミス・アメリカ リンダ・ロンシュタット
1979 フラッグ英語版 ジェームス・テイラー
1979 愛に生きる ボニー・レイット
1980 激愛 リンダ・ロンシュタット
1981 ダディーズ・スマイル英語版 ジェームス・テイラー
1982 ゲット・クローサー リンダ・ロンシュタット
1983 Reelin' in the Years, Vol. 1 various artists
1983 ホワッツ・ニュー リンダ・ロンシュタット
1984 ラッシュ・ライフ英語版 リンダ・ロンシュタット
1984 Moonlighting (オリジナルTVサウンドトラック)
1985 ザッツ・ホワイ・アイム・ヒア -変わりゆく人々へ-英語版 ジェームス・テイラー
1986 アメリカ物語 (オリジナル・サウンドトラック)
1986 フォー・センチメンタル・リーズンズ英語版
1987 カンシオーネス・デ・ミ・パードレ英語版 リンダ・ロンシュタット
1987 シェール英語版 シェール
1987 In My Tribe 10,000 Maniacs
1987 Storytellers: Singers and Songwriters various artists
1988 リトルフット (オリジナル・サウンドトラック)
1989 Blind Man's Zoo 10,000 Maniacs
1989 クライ・ライク・ア・レインストーム リンダ・ロンシュタット
1989 Heart of Stone シェール
1989 You Happy Puppet 10,000 Maniacs
1990 恋する人魚たち (オリジナル・サウンドトラック)
1991 Force Behind the Power ダイアナ・ロス
1991 Live in Rio ジェームス・テイラー
1991 Love Hurts シェール
1991 Lovescape ニール・ダイアモンド
1991 マンボ・キングス/わが心のマリア (オリジナル・サウンドトラック)
1991 Swept ジュリア・フォーダム
1991 Williams Brothers The Williams Brothers
1992 American Standard メアリーズ・デニッシュ英語版
1992 オリビア・ニュートン・ジョン・スーパー・ベスト 1971-1992 オリビア・ニュートン=ジョン
1992 Christmas Album ニール・ダイアモンド
1992 Olivia オリビア・ニュートン=ジョン
1992 タイム・テイクス・タイム英語版 リンゴ・スター
1993 メイド・イン・アメリカ (オリジナル・サウンドトラック)
1993 Robin Zander ロビン・ザンダー
1993 Up on the Roof: Songs from the Brill Building ニール・ダイアモンド
1994 Christmas Album, Vol. 2 ニール・ダイアモンド
1994 Randy Newman's Faust: Words and Music various artists
1995 ドント・アスク英語版 ティナ・アリーナ
1995 EP Collection ピーター・アンド・ゴードン
1995 『ファウスト』 ランディ・ニューマン
1996 It Takes Two various artists
1996 素晴らしき日々 (オリジナル・サウンドトラック)
1996 ショウ・ミー・ヘヴン ティナ・アリーナ
1997 Most Beautiful Soul Album on Earth various artists
1997 Superstar Christmas various artists
1997 シャンタール英語版 シャンタール・クレヴィアジック
1998 アルマゲドン (オリジナル・サウンドトラック)
1998 As I Came of Age サラ・ブライトマン
1998 ディセンバー英語版 ケニー・ロギンス
1998 Motown 40 Forever various artists
1999 All Time Greatest Movie Songs various artists
1999 Best Party Megamix in the World Ever various artists
1999 Collection ジュリア・フォーダム
1999 プリティ・ブライド (オリジナル・サウンドトラック)
1999 "When the Going Gets Tough" ボーイゾーン
2000 Gift of Love ダイアナ・ロス
2000 More Songs from Pooh Corner ケニー・ロギンス
2000 Tigger Movie: Songs and Story various artists
2001 Everything I Am アンナ・ヴィッシ英語版
2001 Motown Anthology ダイアナ・ロス
2001 Three Chord Opera ニール・ダイアモンド
2001 Ultimate Peter and Gordon ピーター・アンド・ゴードン
2002 Capitol Records 1942–2002 various artists
2002 Everybody's Got a Story アマンダ・マーシャル
2002 Freedom: A History of Us (オリジナル・サウンドトラック)
2002 Live 2002 ロビン・ウィリアムズ
2002 プロビデンス (オリジナルTVサウンドトラック)
2002 Sweet Is the Melody アゼリン・デビソン
2003 Best of the Definitive American Songbook, Vol. 2: I-Z various artists
2003 Cafeteria: Hear various artists
2003 Earth Rider – The Essential John Stewart 1964–1979 ジョン・スチュアート
2003 Singers and Songwriters Christmas Songs various artists
2004 California ウィルソン・フィリップス
2004 Campfire Songs: The Popular, Obscure and Unknown Recordings 10,000 Maniacs
2004 五線譜のラブレター (オリジナル・サウンドトラック)
2004 Intermission アマンダ・マーシャル
2004 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (オリジナル・サウンドトラック)
2004 『テイキング・ア・チャンス・オブ・ラヴ』 ジェーン・モンハイト
2005 ライヴ・アット・アールズ・コート モリッシー
2005 Goodies, Vol. 1 various artists
2005 Souvenirs ティナ・アリーナ
2006 You're Only Lonely ラウル・マロ
2007 Siren サーシャ&ショウナ
2006 I Love You ダイアナ・ロス
2010 トルバドール・リユニオン英語版 キャロル・キングジェームス・テイラー
2011 バディ・ホリー:リスン・トゥ・ミー;アルティメイト・バディ・パーティ英語版 Various Artists – プロデューサーおよびホスト
2013 Love Has Come for You スティーヴ・マーティンエディ・ブリケル
2013 When Will You Come Home (EP) ウェッブ・シスターズ
2017 The Long Awaited Album スティーヴ・マーティン・アンド・スティープ・キャニオン・レンジャーズ英語版

エグゼクティヴ・プロデューサーとして[編集]

アルバム アーティスト
1989 Harry's Cafe De Wheels ピーター・ブレイクリー英語版
1999 Timbre ソフィー・B・ホーキンス英語版
2011 リッスン・トゥ・ミー:バディ・ホリー Various Artists

脚注[編集]

  1. ^ GRO Register of Births: June 1944 3a 826 Willesden – Peter Asher, mmn = Eliot
  2. ^ John Wirt. “From London to L.A., Paul McCartney to James Taylor, music is Peter Asher's world” (英語). The Advocate. 2019年3月2日閲覧。
  3. ^ Luanne Hunt. “Peter Asher still intimately involved with music, with and without the Beatles” (英語). vvdailypress.com. 2019年3月2日閲覧。
  4. ^ British Invasion Duo Peter Asher & Jeremy Clyde Come to Midland Cultural Centre!” (英語). BroadwayWorld.com. 2019年3月2日閲覧。
  5. ^ Book review”. Kirkus Reviews. 2019年9月16日閲覧。
  6. ^ a b c Harry, Bill (2000) [1992]. The Beatles Encyclopaedia (paperback ed.). London: Virgin Publishing. p. 403. ISBN 0-7535-0481-2 
  7. ^ Scarfe, Gerald (2010). The Making of Pink Floyd The Wall. Da Capo Press. p. 21. ISBN 978-0-306-81997-1 
  8. ^ Jackson, Andrew Grant (2013年4月22日). “The Songs the Beatles Gave Away”. Brow Beat: Slate's Culture Blog. Slate.com. 2013年5月12日閲覧。
  9. ^ The Times, obituary of Gordon Waller, 23 July 2009.
  10. ^ James Taylor & Carole King - Something In The Way She Moves”. YouTube (2012年3月2日). 2016年7月17日閲覧。
  11. ^ Paul Jones - And The Sun Will Shine - The Dog Presides”. beatleshelp.net. 2014年12月23日閲覧。
  12. ^ DeYoung, Bill (21 February 2003). “Home at Last: The Journey of Linda Ronstadt”. Goldmine (589). http://www.ronstadt-linda.com/gold03.htm 2014年4月28日閲覧。. 
  13. ^ a b Peter and Gordon reunite at Fest for Beatle Fans”. Abbeyrd.best.vwh.net. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月17日閲覧。
  14. ^ Obituaries”. Timesonline.co.uk. 2016年7月17日閲覧。 (Paid subscription required要購読契約)
  15. ^ Richard Wiseman (2006) "Whatever Happened to Simon Dee?" Daily Mail, 31 August 2009; The Times obituary of Simon Dee, 31 August 2009.
  16. ^ Good Things Come in Threes » Listen to Me”. True Great Original. 2016年7月17日閲覧。
  17. ^ "No. 61092". The London Gazette (Supplement) (英語). 31 December 2014. p. N26.
  18. ^ Archived copy”. 2014年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月31日閲覧。
  19. ^ " 2016 Edmonton Folk Fest an understated, wonderful weekend". Edmonton Sun, By Fish Griwkowsky. August 07, 2016
  20. ^ 'Superduo' of British Invasion legends Peter Asher and Jeremy Clyde comes to City Winery”. Centerline.news. 2019年10月18日閲覧。
  21. ^ Person Page”. Thepeerage.com. 2016年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]