ピンク・レディー (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピンク・レディー
15-09-26-RalfR-WLC-0152.jpg
基本情報
種別 ショートドリンク
作成技法 シェーク
グラス Cocktail Glass (Martini).svg   カクテル・グラス
アルコール度数
レシピの一例
ベース ジン
テンプレートを表示
Pink Lady
Clover Club

ピンク・レディーとは、ジンをベースとするカクテルであり、ショートドリンクに分類される。グレナデン・シロップ卵白を使うため、ピンク色に見える。ピンク・レディと記すこともある[1][2][3]

由来[編集]

発祥の地はイギリスである。1912年にイギリスで上演されていたミュージカルピンク・レディー英語版』にちなんでおり、主演女優のヘーゼル・ドーン英語版に対して打ち上げパーティの席上で捧げられたのが最初である[1][2][3][4]

シェイクの材料は、ドライジンとグレナデン・シロップ、卵白などである[4]

なお、日本のアイドルデュオ・ピンク・レディーの名前は、このカクテルから都倉俊一が命名した[4]。日本では、ピンク・レディーが活躍した時代に人気を博した[2]

一般的なレシピ[編集]

一般的なレシピは以下の通り[1][2][3]

  • ドライ・ジン - 45 ml
  • グレナデン・シロップ - 20ml
  • レモン・ジュース - 1tsp
  • 卵白(鶏卵) - 1個分

手順 [編集]

  1. 材料をシェイカーに入れる。きれいなピンク色になるよう、グレナデン・シロップの量は微調整する。
  2. 氷と共に強くシェイクする。卵白が入っているので、特に強くシェイクする必要がある。
  3. ソーサー型のシャンパン・グラス、またはカクテル・グラスに注ぐ。

参考資料[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 中村健二 『世界一のカクテル』 主婦の友社2010年、133頁。ISBN 9784072743935
  2. ^ a b c d THE PLACE 『カクテル事典』 学研パブリッシング2014年、83頁。ISBN 9784058003206
  3. ^ a b c 『カクテル入門』 保育社1982年、41-43頁。ISBN 9784586505630
  4. ^ a b c 『背中から見たピンク・レディー』 位置No.272 - 位置No.283((6)ピンク・レディーのスタッフ形成)

関連項目[編集]