ピンクペッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピンクペッパー(ベ・ローズ)

ピンクペッパーフランス語:baies roses ベ・ローズ、もしくはPoivre rose ポアブル・ローゼ )とは、コショウボクの木の実を乾燥させた香辛料の一種である。コショウボクと同じサンショウモドキ属サンショウモドキの木の実もピンクペッパーと呼称される。日本ではセイヨウナナカマドや、熟して赤くなった完熟胡椒の事も指すので注意が必要である。[1]

胡椒と関係なく色がピンク色で胡椒と似ていたので、ピンクペッパーと名づけられた。胡椒のフレーバーと苦味がある。

参考文献[編集]

  1. ^ 全日本スパイス協会「香辛料の分類と特徴」