ピローグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マダガスカルの釣り用の伝統的な帆付きピローグ(ラカナ英語版とよばれるアウトリガーカヌー
ラオスシーパンドンのピローグ
マダガスカルのピローグ
マリニジェール川のピローグ

ピローグ (フランス語: pirogue [piʀɔɡ][1][注 1]piraguapiragaとも)は、小型のボートのうち、丸木舟や土着のカヌーを指す。スペイン語piragua [piˈɾaɣwa]カリブ語pirauaに由来する[3]

概要[編集]

ピローグは特定の船を指す語ではなく、かつてスペインフランス植民地化されていた地域で使われる土着のボート、特に1本の丸太から作られた丸木舟のことをいう[3][4]フランス領西アフリカでは、伝統的な漁師が使う手作りのバナナ型ボートのことを指す[5]マダガスカルにおいては、より精巧なオーストロネシアアウトリガーカヌーラカナ英語版のことも含んでいう[6][7]

ピローグはふつう、シングルブレードパドルで操縦する。浅瀬では、プッシュポールを用いたパンティング[注 2]も可能である。小型のを張る場合もある。多くの地域において、船外機も用いられている。

軍事・海賊行為での利用[編集]

船首に銃架ブランダーバスが取り付けられたルイス・クラーク探検隊のピローグ

626年アヴァール人コンスタンティノープルを包囲したとき、スラヴ人はピローグで金角湾を渡ってブラケルナエ英語版の低地にある海岸に上陸し、あらゆる防御策を講じられつつも教会を略奪した[9]

17世紀から18世紀にかけて、カリブ海の海賊がピローグを用いてスループバルシャ等の大型の船を攻撃したり略奪行為をしていたという記録が残っている[10]。ピローグは海賊やバッカニアによって、現在のメキシコ湾メキシコ湾岸英語版アメリカ合衆国東海岸にわたり、カリブ海地域では広く使われていた。多くの場合、偵察船やテンダーボートとして用いられていた[10]

1804年から1806年にかけて、ルイス・クラーク探検隊ミズーリ川西方の探検でピローグを使用した。バトー英語版とよばれる平底の船も使用していたが、大きな川でしか使えなかった[11]。彼らのピローグは8人の漕手と1人の水先案内人を乗せた中型船で、8トンの貨物を運搬することができた[12]ヘンリー・デイヴィッド・ソローは、大型のピローグを使っていることを著書『メインの森』で述べている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 英語の発音例: [pɪˈrɡ] または [ˈprɡ][2]
  2. ^ ポールで船を押し進めること[8]

出典[編集]

  1. ^ Usito. “Usito”. Usito. 2021年1月31日閲覧。
  2. ^ Definition of pirogue” (英語). www.dictionary.com. 2021年1月31日閲覧。
  3. ^ a b Definition of PIROGUE” (英語). www.merriam-webster.com. 2021年1月31日閲覧。
  4. ^ Definition of DUGOUT” (英語). www.merriam-webster.com. 2021年1月31日閲覧。
  5. ^ Among the pirogues of Africa”. Voyage to the Sargasso Sea. 2018年5月2日閲覧。
  6. ^ Sakalava pirogue”. Alefa. 2018年5月2日閲覧。
  7. ^ Setting sail Retrieved 9 June 2008
  8. ^ 雨でも楽しい!?ケンブリッジでパンティング!”. london. 2021年1月31日閲覧。
  9. ^ Dirimtekin, Feridun (1956) Fetihden Once Halic Surlari. Istanbul, Istanbul Enstitusu.
  10. ^ a b Marley, David F. (2010). Pirates of the Americas, Volume 1. ABC-CLIO. https://books.google.com/books?id=bU6ML_VnXTwC&dq 
  11. ^ Ambrose, Stephen. 1997. Undaunted Courage - 0-684-82697-6
  12. ^ Pirogues, Discovering Lewis & Clark, The Lewis and Clark Fort Mandan Foundation, 2009

関連項目[編集]

外部リンク[編集]