ピラノースオキシダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピラノースオキシダーゼ
1tt0.jpg
識別子
EC番号 1.1.3.10
CAS登録番号 37250-80-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
テンプレートを表示

ピラノースオキシダーゼ(pyranose oxidase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

D-グルコース + O2 2-デヒドロ-D-グルコース + H2O2

すなわち、この酵素の基質はD-グルコースとO2、生成物は2-デヒドロ-D-グルコースとH2O2である。ペントースリン酸経路を構成する酵素の一つで、補因子としてFADを用いる。

組織名はpyranose:oxygen 2-oxidoreductaseで、別名にglucose 2-oxidase, pyranose-2-oxidaseがある。

参考文献[編集]

  • Janssen FW, Ruelius HW (1968). “Carbohydrate oxidase, a novel enzyme from Polyporus obtusus. II Specificity and characterization of reaction products”. Biochim. Biophys. Acta. 167: 501–10. PMID 5722278. 
  • Machida Y and Nakanishi T (1984). “Purification and properties of pyranose oxidase from Coriolus versicolor”. Agric. Biol. Chem. 48: 2463–2470. 
  • Neidleman SL, Amon WF, Jr and Geigert J (1981). “Process for the production of fructose”. Chem. Abstr. 94: 20737. 
  • Ruelius HW, Kerwin RM, Janssen FW (1968). “Carbohydrate oxidase, a novel enzyme from Polyporus obtusus. I Isolation and purification”. Biochim. Biophys. Acta. 167: 493–500. PMID 5725162.