ピラニア (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピラニア
Piranha
監督 ジョー・ダンテ
脚本 ジョン・セイルズ
製作 チャコ・ヴァン・リューウェン
ジョン・デイヴィソン
製作総指揮 ロジャー・コーマン
ジェフ・シェクトマン
出演者 ブラッドフォード・ディルマン
ヘザー・メンジース
ケヴィン・マッカーシー
音楽 ピノ・ドナッジオ
撮影 ジェイミー・アンダーソン
編集 ジョー・ダンテ
マーク・ゴールドブラット
製作会社 ニュー・ワールド・ピクチャーズ
配給 ユナイト映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年8月3日
日本の旗 1978年10月14日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 殺人魚フライングキラー
テンプレートを表示

ピラニア』(原題:Piranha)は1978年、ニュー・ワールド・ピクチャーズ製作のアメリカ映画。米軍によって改良された肉食魚ピラニアの恐怖を描く。

概要[編集]

ジョーズ』の世界的大ヒットを受けて数多く製作された生物パニック映画の一つ。監督ジョー・ダンテ、脚本ジョン・セイルズの出世作となった。低予算ではあるが、ロブ・ボッティンフィル・ティペット、ボブ・ショート、クリス・ウェイラス等、当時新進のSFXアーティストが多数参加している。

監督にジョー・ダンテを抜擢したのは、「チャコ・ヴァン・リューウェン」こと筑波久子だった。筑波は「最初、『この人大丈夫?』って感じでした。だって、すごく痩せてて、いつも震えてたから。何より、声が小ちゃくて。か細い声で『ア、アクション…』って」と本作でのダンテの印象について語っている[1]

ストーリー[編集]

夜の山中をハイキング中、偶然見つけた施設に入り込んだカップルが、施設内のプールで何かに襲われた。数日後、行方不明となった二人を探すため現地にやって来た女性調査員マギーは、酔いどれガイドのグローガンを雇って足取りを追い、施設へたどり着く。そこは陸軍の極秘施設であり、プールには兵器として品種改良されたピラニアが飼育されていた。プールの中を確認しようとマギーが水を抜いたことにより、獰猛な群れは河川に放たれ、殺戮を繰り返しながら下流のキャンプ場に迫る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替版声優
ポール・グローガン ブラッドフォード・ディルマン 羽佐間道夫
マギー・マッキューン ヘザー・メンジース 小宮和枝
ロバート・ホーク博士 ケヴィン・マッカーシー 阪脩
ジャック キーナン・ウィン 上田敏也
バック・ガードナー ディック・ミラー 池田勝
メンジャース博士 バーバラ・スティール 山田礼子
デュモント ポール・バーテル 飯塚昭三
ワックスマン大佐 ブルース・ゴードン 村松康雄
ベッツィー ベリンダ・バラスキー 高島雅羅
ローラ・ディキンソン メロディ・トーマス・スコット 榊原良子
スージー・グローガン シャノン・コリンズ 滝沢久美子
捜査会社社長 リチャード・ディーコン 藤本譲
デヴィッド ロジャー・リッチマン 秋元羊介
バーバラ ジェイニー・スクアイア 山田栄子
父親 エリック・ヘンショー 広瀬正志
警官 バリー・ブラウン 屋良有作
  • 日本語吹替版:1982年3月15日21:02-22:55 TBS月曜ロードショー』初回放送。(キングレコードから発売されたDVDに収録。本編ノーカット。)
    • プロデューサー:熊谷国雄、演出:伊達渉、翻訳:矢田尚、効果:桜井俊哉/遠藤堯雄、調整:前田仁信、録音:TFCスタジオ、TFC担当:安斎久司、解説:荻昌弘、製作:東北新社/TBS

続編とリメイク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『女性自身』「シリーズ人間NO2139 “日活の看板女優”米ハリウッドの映画プロデューサーに転身して大成功 筑波久子さん(75)」(平成25年7月16日号、光文社)

外部リンク[編集]