ピョートル・アンデルジェフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピョートル・アンデルジェフスキ(Piotr Anderszewski [pjɔtr andɛrˈʂɛfski], 1969年4月4日 - )は、ポーランドピアニストポーランド人ハンガリー人混血である。姓・名の日本語表記については、「アンデルェフスキ(ー)」や「アンデルェフスキ(ー)」、「ピオトル」などの揺れが見られる。姉ドロータ・アンデルシェフスカ(Dorota Anderszewska)はヴァイオリニストである。

経歴[編集]

2009年度ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭に出演中のアンデルジェフスキ

ワルシャワに生まれ、6歳でピアノの学習を開始。ワルシャワ音楽院に学んだほかに、リヨン音楽院ストラスブール音楽院ロサンゼルスにある南カリフォルニア大学に留学した。

1990年のリーズ国際コンクールでは、予選で弾いたベートーヴェンの《ディアベリ変奏曲》の圧倒的な演奏が絶賛されながらも、続くヴェーベルンの《ピアノのための変奏曲》での自身の演奏に納得できず、本選を棄権したことから、「完璧主義者」との評を得ている。

フィリップスヴァージン・クラシックスにて多数の録音を行っており、2000年2008年にはブルーノ・モンサンジョン監督によって2つのドキュメント映像が制作された。前者では、ベートーヴェンのディアベリ変奏曲の演奏風景が、後者では、列車移動でヨーロッパで演奏旅行を行う姿が撮影されている。

1999年にシマノフスキ賞を、2001年にはロイヤル・フィルハーモニー協会最優秀器楽演奏家賞を授与され、2002年4月に栄えあるギルモア・アーティスト・アワードを獲得した[1]

フレデリック・ショパンカロル・シマノフスキといった「お国もの」も取り上げてはいるが、バッハモーツァルト、ベートーヴェン、ウェーベルンといったドイツオーストリアの音楽をレパートリーの中核に据えている。室内楽奏者としてはヴィクトリア・ムローヴァとの共演で、ヤナーチェクドビュッシープロコフィエフブラームスヴァイオリン・ソナタを録音している。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.anderszewski.net

外部リンク[編集]