ピュドナの戦い (紀元前148年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピュドナの戦い
戦争:第四次マケドニア戦争
年月日紀元前148年
場所ピュドナ近郊
結果:ローマの圧勝
交戦勢力
共和政ローマ Vergiasun.svgマケドニア王国
指揮官
クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクス Vergiasun.svgアンドリスコス

ピュドナの戦い(英:Battle of Pydna)は第四次マケドニア戦争において紀元前148年ローマと最後のマケドニア王ペルセウスの子を称したアイオリスアドラミュティオンの支配者アンドリスコスの軍との間で戦われた戦闘である。

法務官クィントゥス・カエキリウス・メテルスに率いられたローマ軍がこの戦いの勝者となった。そして、この戦いは第四次マケドニア戦争でのローマの勝利を決定付けた。また、この戦いは軍事史においてファランクスによって戦われた最後の戦いでもあった。

この勝利の功績からメテルスはマケドニアを制したという意味のマケドニクスの尊称を得た。一方、敗者のアンドリスコスはトラキアに落ち延びるも、トラキアの王子によってローマに引き渡された。