ピマッコル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピマッコル
各種表記
ハングル 피맛골
漢字 -
発音 ピマッコル
2000年式
MR式
Pimatgol
P'imatkol
テンプレートを表示

ピマッコル大韓民国ソウル特別市鍾路区にある、鍾路の北に位置する庶民的な繁華街である。

概要[編集]

李氏朝鮮(朝鮮王朝)時代に、鍾路を通る高官たちの馬を避けて庶民たちが通った道という意味を持つ「避馬」という言葉に由来する。当時身分の低い人々は、馬に乗った鍾路を通る高官と遭遇した際には、通り終わるまで伏せていなければならなかった。このため、この煩わしさを避けたい庶民たちには、一筋奥に入った狭い横町を往来する習慣が生じた。ピマッコルはこの時付けられた名前である。

かつては現在の鍾路区清進洞、鍾路1街から6街までつながったが、今は鍾路1街の教保文庫裏側から鍾路3街の間に一部が残っており、かろうじてピマッコルの命脈を維持している。今でも焼き魚を提供する食堂を初めとした、各種飲食店、旅館などが密集する鍾路の名物である。

1980年代初めに、都心再開発地域に指定された後に、2003年にソウル特別市建築委員会で再開発が許可されたことによって、清進洞166番一帯から建築工事が始まった。2004年1月工事現場で李氏朝鮮(朝鮮王朝)時代建築物に使われたと思われる、長台石10余点と瓦などの遺物が発見された。

外部リンク[編集]