ピピン1世 (アクィタニア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピピン1世
Pépin I
アクィタニア王
Pepin I Aquitaine denier 817 838.jpg
ピピン1世のドゥニエ貨幣
在位 817年 - 838年

出生 797年
死去 838年12月13日
王家 カロリング家
王朝 カロリング朝
父親 ルートヴィヒ1世
母親 エルマンガルド・ド・エスベイ
テンプレートを表示

ピピン1世ドイツ語: Pippin I., フランス語: Pépin I d'Aquitaine, 797年 - 838年12月13日)は、アクィタニア王(在位:817年 - 838年)。フランク王ルートヴィヒ1世の次男。

生涯[編集]

817年に父ルートヴィヒ1世が制定した「帝国分割令」により、アクィタニア王位を得た[1]。830年および834年に兄ロタール1世が起こした父に対する反乱では、ロタールを警戒し、弟ルートヴィヒとともに、ロタールにより帝位を追われた父を復権させている[1]

838年、ピピン1世は死去し、息子ピピン2世が王位を継承したが、ルートヴィヒ1世はピピン2世に代わって自身の末子シャルル2世にアクィタニアを与えることとした[2]

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 柴田、p. 164
  2. ^ Reuter, p. 16

参考文献[編集]

  • 柴田三千雄 他 『世界歴史大系 フランス史1』 山川出版社、1995年
  • Timothy Reuter (translated), The Annals of Fulda, Manchester University Press, 1992.