ピニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピニャ繊維で作られたバロンタガログの刺繍の拡大。

ピニャタガログ語: piña, pinya [pɪˈnja])は、 パイナップルの葉から作られた伝統的なフィリピンの繊維。パイナップルは17世紀以降、フィリピンで広く栽培されており、ニピス織として知られる光沢のあるレースのような豪華なとなる。名前はスペイン語でパイナップルを意味するpiñaに由来する。ピーニャとも表記される。

2018年2月、 フィリピン国立文化芸術委員会(NCCA)はアクラン州政府とともに、 UNESCOの無形文化遺産カリボのピニャを提案する手続きを開始した [1]

歴史[編集]

19世紀初頭にピニャとリネンで作られたメトロポリタン美術館収蔵のパニュエロ(スカーフ)
Tampuhan、1895年、フアン・ルナ作。女性はフィリピンの伝統的なドレス、トラジェ・デ・メスティサを纏っている。これは多くがピニャから作られていた。

パイナップルはスペイン植民地時代に原産地の南米からスペインによってフィリピンに導入された。「レッド・スパニッシュ」(Red Spanish)[2]、あるいは現地で「スパニッシュ・レッド」(Spanish Red)とも呼ばれている栽培品種[3]、早くも17世紀には繊維産業のために栽培され始めた。

紡織の技術は、似たような質感を持つアバカから取り出した繊維、シナマイ(sinamay)を織る技術を直接取り入れたものと見られる。シナマイの技術はスペイン人到来以前からの14世紀からにすでに存在していたとされ、シナマイとピニャには生産地の分布および生産者と織機に重複が見られる[4]

ピニャは、通常、カラド(calado)ソンブラド(sombrado)として知られる、複雑な花の刺繍で装飾された、光沢のあるレースのようなニピス(Nipis)生地に織り込まれた[5] [6]

刺繍技術はカトリックの布教活動とともにフィリピンに伝わったものであり、17世紀以降、神学校や修道院で、読み書きや針仕事とともに教えられた。刺繍がフィリピンで定着した18世紀になって、ピニャも完成したとみられる[7]

スペインでは17世紀から18世紀にかけて、女性用の頭部装飾として、薄手の布で作られたヴェールまたはショールであるマンティラ英語版が流行した。このため、ブリュッセルからレースの輸入が増えたので、銀流出を抑制して国内産業を振興する重商主義的観点から、1723年に贅沢禁止令が出されてスペイン政府は外国産のレースの輸入を禁じた。もともとマンティラはピニャと技術的親和性が高く、この措置が一種の輸入代替工業化としてピニャの輸出拡大に結びついたとみられる[8]

この織物はスペイン植民地時代のフィリピンからの高級輸出品であり、18世紀と19世紀にヨーロッパの貴族の間で支持を得た。ニピス生地はエキゾチックで豪華なものとして高く評価されていた。王侯による注目すべき所有例としては、教皇ピウス10世から贈られたスペイン王アルフォンソ13世洗礼衣(現在は服飾博物館所蔵)、イギリス王エドワード7世デンマークのアレクサンドラ王女の結婚祝いの贈り物のピニャのハンカチ[9]ビクトリア女王の ペチコート下着がある。また、マリアクララガウン英語版が、イリアルテ侯爵(当時のラグナ州知事)によって、1870年に退位した女王イサベル2世のために発注されたが未完品に終わっている[10]。19世紀に刺繍された数多くのピニャ織物が、世界中のさまざまな美術館のコレクションにあるが、それらの歴史は学術文献ではまだ研究されていない[11]

19世紀中葉はピニャ生産の全盛期であり、たとえば1842年にマニラから輸出された布のうち、ピニャは金額ベースで4割を占めた[8]。その後、19世紀後半になると、イギリスから工業的に生産された安価な織物の流入によってピニャに限らずフィリピンの織物産業全般は衰退していった[12]

フィリピン国内では、伝統的な服であるバロンタガログ、バロツサヤ英語版、およびトラジェ・デ・メスティサに使われた。また、フィリピン人の上流階級の衣服だけでなく、女性のスカーフ (パニュエロ)としても用いられた。それらは、島の暑い熱帯気候で理想的で、軽くてさわやかな品質のために好まれた。産業は第二次世界大戦で破壊され、復活し始めたばかりである [5] [6] [13]

パイナップル繊維産業の結果として[14]、パイナップルを使った料理もフィリピンで開発された。これらは、次のような伝統的な食材や料理が含まれる:パイナップル酢、パイナップルソースを使った肉料理のハモナド英語版、シチューの一種のアフリターダ英語版パイナップルチキン英語版。 もう1つの注目すべき副産物は、ナタ・デ・ピニャ英語版と呼ばれる伝統的なゼリーのようなデザートで、18世紀からフィリピンで生産されている [15]

生産方法[編集]

パイナップルの葉をこすって繊維を露出させる。

ピニャは葉から採取するため、最初に植物から葉を切り取る必要がある。次に、繊維を葉から引っ張り取るか、または裂くかする。ほとんどの葉の繊維は長くてやや硬い。ピニャ繊維の絇(より糸の元となる小繊維)を手でこすり、1つずつつなぎ合わせて長い糸にして、手織りでピニャ布にする。

生産者[編集]

アクラン州カリボは、フィリピンの主要かつ最古のピニャ布の製造/織り手であり、世界のさまざまな地域、特に北米とヨーロッパに輸出されている [16]。ピニャ織りは古くからの伝統であるが、復興は最近で、過去20年間に復活した[17]

パイナップルシルクは、フィリピンの布の女王と見なされ、フィリピンのエリートの選ぶ布と見なされる。 フィリピンで開催された1996年のAPECサミット中に、世界の指導者たちは集合写真撮影でカリボから調達されたピニャで作られたバロンタガログを着た。

製造業者には、La HerminiaPiñaWeaving Industry [18]、 Malabon Pina Producers and Weavers Association、Reycon's Piña Cloth and Industry、Rurungan sa Tubod Foundationなどがある [19]

用途[編集]

ピニャ生地は、軽量でありながら剛性があり、透け感のある外観と滑らかなシルクのような質感が特徴である。 現代では、主にバロンタガログ、 バロツサヤ、およびフィリピンの他の伝統的なフォーマルウェアの製造に使用されている。 テーブルリネン、バッグ、マット、その他の衣類にも使用される。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Aguirre, Jun (2018年2月20日). “Kalibo piña weaving eyes inclusion in Unesco’s Intangible Cultural Heritage”. BusinessMirror. https://businessmirror.com.ph/2018/02/20/kalibo-pina-weaving-eyes-inclusion-in-unescos-intangible-cultural-heritage/ 2020年2月19日閲覧。 
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『パイナップル』 - コトバンク
  3. ^ 小瀬木 2003, p. 80「最初に移植された原種に近い物で、現在の食用に改良されたタイプに比べて繊維質に富んでいる」
  4. ^ 菅谷, 佐野 1997, p. 44.
  5. ^ a b History & Origin of Piña”. Philippine Folklife Museum Foundation. 2018年12月13日閲覧。
  6. ^ a b The History of Pineapple in the Philippines”. Filipino Yum!. 2018年12月13日閲覧。
  7. ^ 菅谷, 佐野 1997, p. 45.
  8. ^ a b 菅谷, 佐野 1997, p. 46.
  9. ^ 小瀬木 2003, p. 83.
  10. ^ Coo, Stéphanie Marie R. (2014年). Clothing and the colonial culture of appearances in nineteenth century Spanish Philippines (1820-1896) (PhD). Université Nice Sophia Antipolis.. https://tel.archives-ouvertes.fr/tel-01126974/document 
  11. ^ Ramos, Marlene Flores (2016年). The Filipina Bordadoras and the Emergence of Fine European-style Embroidery Tradition in Colonial Philippines, 19th to early-20th Centuries (MA). Mount Saint Vincent University.. https://pdfs.semanticscholar.org/4fda/da033e330b2bafcbe40f40dae90084c2d512.pdf 
  12. ^ 菅谷, 佐野 1997, p. 47.
  13. ^ Ewbank (2018年9月6日). “This Prized Filipino Fabric Is Made From Pineapple Leaves”. Gastro Obscura. 2018年12月13日閲覧。
  14. ^ CHAS. RICHARDS DODGE, (1893) (PDF). A REPORT ON THE LEAF FIBERS OF THE UNITED STATES.. Fiber Investigations.. 5. U.S. DEPARTMENT OF AGRICULTURE.. pp. 56-59. https://commons.wikimedia.org/wiki/File:FEDLINK_-_United_States_Federal_Collection_(IA_reportonleaffibe05dodg).pdf 2020年9月25日閲覧. "繊維のために植物を育てている場合、フィリピン諸島のように、葉の成長を優先するために、成熟前の実を取り除く慣習もあった" 
  15. ^ Vergara, Benito S.; Idowu, Panna Melizah H.; Sumangil, Julia H. (1999). Nata de Coco: A Filipino Delicacy. National Academy of Sciences and Technology, Philippines. ISBN 9718538615. http://scinet.dost.gov.ph/union/Downloads/nast_Vergara%20BS%20Nata%20De%20Coco_422.pdf 
  16. ^ Nestor Burgos (2010年5月28日). “Aklan’s piña looms start weaving again”. Inquirer.net. Asian Journal. 2012年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月3日閲覧。
  17. ^ 小瀬木 2003, p. 84-85 ファッションスタイルの変化でピニャの需要が激減したため、一時は生産が絶える寸前まで衰退した。
  18. ^ La Herminia - Piña Weaving Industry”. 2016年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月3日閲覧。
  19. ^ Rambie Lim: Rurungan sa Tubod Foundation marketing specialist, 'Pipiña' Pioneer, 31”. The Philippine Star. Young Star (2010年9月24日). 2011年12月3日閲覧。
  20. ^ Raoul J. Chee Kee (2015年11月8日). “32 piña wear, power dress, for Apec state heads, wives | Inquirer Lifestyle” (英語). 2020年12月4日閲覧。
  21. ^ APEC 2015では、アキノ大統領が独身のため、クリス・アキノ英語版をはじめとする彼の4人の姉妹が「ファーストレディ」役を果たしていた。LOOK: Kris, sisters all set to host luncheon for APEC first ladies” (英語). 2020年12月4日閲覧。

参考文献[編集]