ピナコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピナコール
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 76-09-5
特性
化学式 C6H14O2
モル質量 118.174 g/mol
外観 無色固体
融点

40-43 °C

沸点

171-173°C (444-445 K)

危険性
安全データシート(外部リンク) [1]
Sフレーズ S24 S25
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピナコール (pinacol) とは、有機化合物のひとつで外見は無色の固体。特有の臭いを持つ。アセトンからピナコールカップリングにより合成される。vic-ジオールのひとつで、強酸の作用でピナコール転位を起こしピナコロンに変わる。

ピナコールはボランと反応してピナコールボランを与える。これは有用な合成用試剤として還元反応やホウ素化反応で用いられる。