ピセイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ピセイド

Trans-piceid
識別情報
CAS登録番号 27208-80-6 チェック
PubChem 5281718
UNII XM261C37CQ ×
ChEMBL CHEMBL142652 ×
特性
化学式 C20H22O8
モル質量 390.384 g/mol
精密質量 390.131468 u
外観 white powder
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピセイド(Piceid)は、スチルベノイドグルコシドであり、ブドウジュースに含まれる主要なレスベラトロール誘導体である[1]シトカトウヒ(Picea sitchensis)の幹から単離された[2]イタドリからも単離することができる[3]

レスベラトロールは、ニホンコウジカビによって発酵させることで、ピセイドから作ることができる[3]。この種は、ピセイド-β-D-グルコシダーゼを作る[4]

トランス-レスベラトロール-3-O-グルクロニドは、ラットにおけるトランス-ピセイドの2つの代謝物のうちの1つである[5]

組換えアルファルファ由来のレスベラトロールグルコシドは、マウスの異常腺窩巣の予防に用いられる[6]

出典[編集]

  1. ^ Romero-Pérez, Ana I.; Ibern-Gómez, Maite; Lamuela-Raventós, Rosa M.; de la Torre-Boronat, M. Carmen (1999年). “Piceid, the Major Resveratrol Derivative in Grape Juices”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 47 (4): 1533–1536. doi:10.1021/jf981024g. ISSN 0021-8561. 
  2. ^ Aritomi, Masakazu; Donnelly, Dervilla M.X. (1976年). “Stilbene glucosides in the bark of Picea sitchensis”. Phytochemistry 15 (12): 2006–2008. doi:10.1016/S0031-9422(00)88881-0. ISSN 00319422. 
  3. ^ a b Wang, H.; Liu, L.; Guo, Y. -X.; Dong, Y. -S.; Zhang, D. -J.; Xiu, Z. -L. (2007年). “Biotransformation of piceid in Polygonum cuspidatum to resveratrol by Aspergillus oryzae”. Applied Microbiology and Biotechnology 75 (4): 763–768. doi:10.1007/s00253-007-0874-3. PMID 17333175.  編集
  4. ^ Purification and characterization of piceid-b-D-glucosidase from Aspergillus oryzae. Chunzhi Zhang, Dai Li, Hongshan Yu, Bo Zhang and Fengxie Jin, Process Biochemistry, 2007, 42, pages 83?88, doi:10.1016/j.procbio.2006.07.019
  5. ^ Zhou, Maojin; Chen, Xiaoyan; Zhong, Dafang (2007年). “Simultaneous determination of trans-resveratrol-3-O-glucoside and its two metabolites in rat plasma using liquid chromatography with ultraviolet detection”. Journal of Chromatography B 854 (1-2): 219–223. doi:10.1016/j.jchromb.2007.04.025. ISSN 15700232. 
  6. ^ RKineman, Brian D.; Brummer, E. Charles; Paiva, Nancy L.; Birt, Diane F. (2010年). “Resveratrol From Transgenic Alfalfa for Prevention of Aberrant Crypt Foci in Mice”. Nutrition and Cancer 62 (3): 351–361. doi:10.1080/01635580903407213. ISSN 0163-5581.