菅登未男

From Wikipedia
(Redirected from ピカデリー梅田)
Jump to navigation Jump to search
すが とみお
菅 登未男
別名義 ピカデリー梅田
生年月日 (1931-01-17) 1931年1月17日(89歳)
出生地 日本の旗 日本 宮崎県
職業 俳優
ジャンル バラエティー
活動期間 2001年 -
事務所 GMBプロダクション
公式サイト GMBプロダクションによるプロフィール
主な作品
バラエティ番組
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』孤独のグルメseason7第4話(駅の待合室にいるお爺さん)
テンプレートを表示

菅 登未男(すが とみお、1931年1月17日 - )は、日本俳優タレント宮崎県出身。所属事務所はGMBプロダクション。シニアタレントとして数多くのテレビ番組・CM・プロモーションビデオなどに出演。身長155cm。かつては麗タレントプロモーション、ジンズ・キャストに所属していた[1][2]

中央大学法学部卒。総合商社を定年退職後、CM制作会社太陽企画株式会社にて清掃員として勤務。職務中にその個性的なキャラクターが某ディレクターの目に留まりマツモトキヨシや白木屋、小学館などのCMに出演。その後さらなる活躍の場を求めて日本テレビダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』に「ピカデリー梅田」として準レギュラー出演していることで知られる(初登場は、次長課長河本準一の七変化コーナー。これが後のピカデリー梅田として活躍するきっかけとなる。その他は、ピカデリー梅田緊急来日特番参照)。

出演作品[edit]

テレビドラマ[edit]

映画[edit]

インターネット[edit]

バラエティ[edit]

CF・広告[edit]

PV[edit]

脚注[edit]

[ヘルプ]
  1. ^ 特別企画 菅登未男インタビュー”. 麗タレントプロモーション. 2007年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月18日閲覧。
  2. ^ プロフィール”. ジンズ・キャスト. 2008年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月18日閲覧。
  3. ^ 「Damn」MV(公式)(音量注意)”. YouTube (2015年1月22日). 2015年2月23日閲覧。

外部リンク[edit]