ピカソ美術館 (ヴァロリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ピカソ美術館
施設情報
所在地 Place de la Libération 06220 Vallauris
位置 北緯43度34分48秒 東経7度3分12秒 / 北緯43.58000度 東経7.05333度 / 43.58000; 7.05333座標: 北緯43度34分48秒 東経7度3分12秒 / 北緯43.58000度 東経7.05333度 / 43.58000; 7.05333
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM

ピカソ美術館 (ピカソびじゅつかん、Musée Picasso) は、フランス南部の地中海に近い都市ヴァロリスにある美術館。「戦争と平和 国立ピカソ美術館 (Musée National Picasso, La Guerre et La Paix )」 ともいう。

概要[編集]

ピカソ美術館は、フランス南部プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏アルプ=マリティーム県にある都市ヴァロリスにある国立美術館。画家パブロ・ピカソの代表作『戦争と平和』を所蔵することから、「戦争と平和 国立ピカソ美術館」ともいう。

美術館の建物はヴァロリス城と呼ばれ、12世紀に建造された女子修道院を、16世紀にルネサンス様式の城館に改築したものである [1][2]。建物内には、ピカソ美術館のほか、陶芸美術館マニエリ美術館が入っている。

ヴァロリスは、地中海に近い山あいにある陶芸の町で、ピカソは、1948年から1955年までこの地に滞在し、絵画、彫刻、陶器などの制作に励んだ [3]。ピカソの70歳の誕生日を祝福した町の人々に応えて、1952年、彼が制作した巨大な壁画が『戦争と平和』である [3]。『戦争と平和』は、美術館内にある礼拝堂のアーチ状の壁面に配置されている。

収蔵品[編集]

  • ピカソ戦争と平和』 - La Guerre et la Paix (1952年)[4]
  • ピカソ 『世界の四つの部分』 - Les quatre parties du monde (1957年-1959年)

所在地及び交通手段[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「-ピカソ国立美術館『戦争と平和』- 一大壁画が物語る、平和への想い。」 『pen』2008年10月15日号、阪急コミュニケーションズ、p.80.
  2. ^ 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方A08・南仏 プロヴァンス コート・ダジュール&モナコ 2009~2010年版』、ダイヤモンド社、2008年、p.208.
  3. ^ a b JTBパブリッシング編 『ワールドガイド ヨーロッパ9・フランス』、JTBパブリッシング、2007年、p.302.
  4. ^ 布施英利『パリの美術館で美を学ぶ ルーブルから南仏まで』光文社、2015年、203頁。ISBN 978-4-334-03837-3

外部リンク[編集]