ピカソの遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピカソの遺言
ポール・マッカートニー&ウイングス楽曲
収録アルバム バンド・オン・ザ・ラン
リリース 1973年12月7日
録音 1973年9月-10月
ナイジェリアラゴス
ジャンル エクスペリメンタルロック
時間 5:50
レーベル アップル・レコード
作詞者 ポール&リンダ・マッカートニー
プロデュース ポール・マッカートニー, ジェフ・エメリック

バンド・オン・ザ・ラン 収録曲
A面
  1. バンド・オン・ザ・ラン
  2. ジェット
  3. ブルーバード
  4. ミセス・ヴァンデビルト
  5. レット・ミー・ロール・イット
B面
  1. マムーニア
  2. ノー・ワーズ
  3. ピカソの遺言
  4. 1985年

ピカソの遺言(Picasso's Last Words (Drink to Me))は、ポール・マッカートニーによる楽曲。1973年のウイングスのアルバム『バンド・オン・ザ・ラン』に収録された。ライヴバージョンは『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』に収録された。2007年に、ウイングスのメンバーであったデニー・レインのアルバム『Performs the Hits of Wings』でカバーしている[1]

作曲[編集]

2010年11月に再発された『バンド・オン・ザ・ラン』のプロモーションとして放送されたイギリスのITV1によるテレビ番組「Wings: Band on the Run」でのインタビューで、ポールはジャマイカモンテゴ・ベイでの休暇の際に、映画『パピヨン』の撮影セットに「潜入」し、ダスティン・ホフマンスティーブ・マックィーンに会ったという。ホフマンとの夕食の後にポールがギターを弾いていたところ、ポールが「何にでも」ついてすぐに曲を作れるとは信じていなかったホフマンは、雑誌を引き抜き、そこに載っていたパブロ・ピカソの死と彼の有名な最期の言葉「私のために、私の健康のために飲んでくれ。知ってるだろう、私はもう飲めないんだ。 Drink to me, drink to my health. You know I can't drink anymore.」から作るように提案、するとポールは即座に曲を完成してしまった。ホフマンは妻に対して「…見て、彼はやってるよ…彼はやっているよ!」と興奮したという[2]

レコーディング[編集]

ナイジェリアラゴスで『バンド・オン・ザ・ラン』を録音している間に、ウイングスはイケジャの郊外にあるジンジャー・ベイカーのARCスタジオに招待された。ベイカーはポールにここでアルバム全てのレコーディングをしたらいいと提案したが、ポールは気が進まず、そこで1日を過ごすことについて同意した。「ピカソの遺言」はその間に録音された。ベイカーも録音に参加し、砂利でいっぱいのブリキ缶をパーカッションとして演奏した[3]

パーソナル[編集]

参照[編集]

  1. ^ Performs the Hits of Wings”. Allmusic. 2011年12月28日閲覧。
  2. ^ Wings: Band on the Run. Presenters: Dermot O'Leary. ITV. ITV1. 2010年10月31日放送. 2012年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  3. ^ Lewisohn, Mark "Band on the Run - 25th Anniversary Edition; The Recording of Band on the Run" Parlophone (4 99176 2).