ピエール・ヴィルヌーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・ヴィルヌーヴ

ピエール・ヴィルヌーヴ(Pierre-Charles-Jean-Baptiste-Silvestre de Villeneuve、1763年12月31日 - 1806年4月22日)とは、19世紀初頭のフランス海軍提督。伯爵。

来歴[編集]

生い立ち~海軍提督へ[編集]

1763年、現在のアルプ=ド=オート=プロヴァンス県ヴァロンソルに生まれ、1778年海軍に入る。アメリカ独立戦争ではフランソワ・ド・グラス艦隊のマルセイユ号に海軍少尉として勤務。 フランス革命が勃発すると、貴族出身でありながらこれに共感し、貴族のしるしである「de」をその名からはずし、他の多くの貴族出身将校が追放された海軍で勤務を続けた。革命戦争でいくつかの戦闘に加わり、1796年海軍少将に昇進した。

1798年ナポレオンエジプト遠征に参加。後方支援戦隊の指揮を采る。彼の乗艦であるギヨーム・テル号はナイルの海戦でのネルソンのイギリス艦隊による撃沈・拿捕を免れたフランス艦のひとつである。積極的にイギリス艦隊との戦闘に加わらなかったことは後日批判されたが、ナポレオンが「彼は単に幸運だったのだ」と擁護したため、その軍歴に影響はほとんどなかった。

1804年、ナポレオンによってトゥーロン駐留艦隊司令官に任ぜられる。

トラファルガー海戦[編集]

1805年、トラファルガー海戦に際してフランススペインの連合艦隊を率いてホレーショ・ネルソン率いるイギリス海軍と戦った。ヴィルヌーヴはネルソンを戦死させたものの、海戦で大敗を喫した。

この海戦で捕虜となる。以後許されてフランスに戻る。後にレンヌのホテルにおいて自殺(他殺との説もあるが、遺書を残しているので自殺が有力である)する。