ピエール・ブラッスール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール・ブラッスール
Pierre Brasseur
Pierre Brasseur
本名 ピエール=アルベール・エスピナス(Pierre-Albert Espinasse)
生年月日 (1905-12-22) 1905年12月22日
没年月日 (1972-08-16) 1972年8月16日(66歳没)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
死没地 イタリアの旗 イタリアトレンティーノ=アルト・アディジェ州ブルーニコ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 俳優映画監督
配偶者 オデット・ジョワイユフランス語版
著名な家族 クロード・ブラッスール
テンプレートを表示

ピエール・ブラッスールPierre Brasseur1905年12月22日 - 1972年8月16日)は、フランス俳優

生涯[編集]

ピエール=アルベール・エスピナス(Pierre-Albert Espinasse)としてパリに生まれる[1]

俳優になるきっかけは、ブッフ・パリジャン劇場フランス語版モーリス・シュヴァリエの演技を見たことであった[2]

1920年代にパブロ・ピカソマックス・ジャコブルイ・アラゴンアンドレ・ブルトンポール・エリュアールバンジャマン・ペレらのシュルレアリスムの運動に参加し[3][2]、機関紙『シュルレアリスム革命』に寄稿した[4]

アルベール・カミュ作の『戒厳令』、ポール・クローデル作の『真昼に分かつ』で主演[5]ジャン=ポール・サルトル作の『悪魔と神』にも出演[1]

1935年に作家としても知られる女優オデット・ジョワイユフランス語版[6]と結婚。翌1936年に生まれた息子クロード・ブラッスールも俳優である[2]

出演作品[編集]

  • コニャックの男 (Les Mariés de l'an II, 1971)
  • 愛の島ゴトー
  • ペルーの鳥 (Les oiseaux vont mourir au Pérou, 1968)
  • まぼろしの市街戦 (Le Roi de Cœur, 1966)
  • 帰ってきたギャング
  • 城の生活
  • 恋人たちの世界
  • 黒い情事
  • 悪い女
  • 港町
  • ヒッチ・ガール
  • 素晴らしき恋人たち
  • 汚れなき抱擁
  • 家なき子
  • 顔のない眼 (Yeux sans visage,1959)
  • カルタゴ
  • 大家族
  • リラの門
  • 悪の塔
  • ナポレオン
  • 怪僧ラスプーチン 
  • やぶにらみの暴君 
  • 快楽
  • 青ひげ (Barbe-Bleue, 1951)
  • 失われた想い出
  • 死の肖像
  • 火の接吻
  • 一日だけの天国
  • 枯葉 ―夜の門―
  • 星のない国 (Le Pays sans étoiles, 1946)
  • ジェリコ作戦
  • 天井桟敷の人々(第一部:犯罪大通り、第二部:白い男)(Les enfants du Paradis, 1945)
  • 高原の情熱
  • 霧の波止場 (Le Quai des brumes, 1938)

脚注[編集]

  1. ^ a b PIERRE BRASSEUR” (フランス語). Encyclopædia Universalis. 2020年3月10日閲覧。
  2. ^ a b c Pierre Brasseur - Cinémathèque française” (フランス語). cinema.encyclopedie.personnalites.bifi.fr. 2020年3月10日閲覧。
  3. ^ ピエール ブラッスール” (日本語). コトバンク. 2020年3月10日閲覧。
  4. ^ La Révolution surréaliste” (フランス語). Gallica (1929年12月15日). 2020年3月10日閲覧。
  5. ^ 利光哲夫. “ブラッスール(日本大百科全書)” (日本語). コトバンク. 2020年3月10日閲覧。
  6. ^ 邦訳に『バレエの世界』(大津俊克訳、ブックマン社、1980年)、『写真の発明者ニエプスとその時代』(持田明子訳、パピルス、1998年)、堀敬枝訳『デルフィーヌのバレエ日記』(偕成社、1991年)がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]