ピエール・フレデリック・サラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール・フレデリック・サラス
Pierre Frédéric Sarrus
生誕1798年3月10日
フランスの旗 フランス
死没1861年11月20日
フランスの旗 フランス
国籍フランスの旗 フランス
職業数学者
著名な実績サールス数
サルスリンケージ

ピエール・フレデリック・サラス(Pierre Frédéric Sarrus、フランス語発音:pjɛʁ fʁedeʁik saʁy、1798年3月10日 - 1861年11月20日)は、フランス数学者

サラスはフランスのストラスブール大学教授(1826年~1856年)、パリのフランス科学アカデミー会員(1842年)。複数の未知数を持つ数値方程式の解法(1842年)、多重積分とその積分可能条件、彗星の軌道の決定など、いくつかの論文を執筆している。彼はまた、3×3行列の行列式を解くためのニーモニックルールを発見し、サラスの方法と名付けた。サラスはまた、変動の微積分の基本的なリーマを実証した。

サラス数は基数2に対する擬似素数である。

サラスはまた、回転運動を完全な直線運動に変換できる最初の機構であるサラスリンク機構を開発した。