ピエール・ジョックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピエール・ジョックス (2010年7月撮影)

ピエール・ジョックスPierre Joxe1934年11月28日 - )は、フランスパリ出身の政治家。2001年から憲法評議会議員。

父のルイ・ジョックスは、ド・ゴール政権で司法大臣などを務めた人物である。ジョックスは1971年フランソワ・ミッテランとともにフランス社会党の創設に関わり、1973年から1984年、間を置いて1986年から1988年の間、ソーヌ=エ=ロワール県から国民議会議員に選出された。またこの間、ブルゴーニュ地域圏議会議長、社会党国会議員団長などを歴任した。

ミッテランが大統領に当選すると、その下で内相国防相を務めた。

先代:
ジャン・ピエール・シュヴェーヌマン
国防相
1991年 - 1993年
次代:
ピエール・ベレゴヴォワ