ピエール・シュプレイラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール・シュブレイラス(自画像)

ピエール・シュブレイラス(Pierre Subleyras、1699年11月25日 - 1749年5月28日)は18世紀のフランスの画家である。

略歴[編集]

ガール県サン=ジルに生まれた。父親はユゼスに住む画家で、トゥールーズの画家、アントワーヌ・リヴァル(Antoine Rivalz)のもとで修行した後、1726年にパリに出た。1727年にローマ賞を受賞し、ローマへの留学奨学金を得て1728年から1735年まで、在ローマ・フランス・アカデミーに滞在した。ローマのミニアチュールの画家、マリア・フェリス・ティバルディ(Maria Felice Tibaldi)と結婚し、フランスに戻ることなく亡くなるまでローマで暮らした。

ローマに移ったときにすでにその才能は認められていて、はじめ有力者から肖像画の依頼を受け、歴史画の注文も受けた。ローマの教会の装飾画も描いた。1740年に枢機卿、ゴンザーガ(Silvio Valenti Gonzaga)の推薦を得て、教皇ベネディクトゥス14世の肖像画を描いた。教皇からも「聖カタリナの結婚」などの絵画の注文を受けた。1740年からローマで最も人気のある画家の一人となった。忙しい仕事は肺の病気を悪化させ、ナポリで静養したが1749年にローマで没した。

作品[編集]

参考文献[編集]

*  J.-C. Demagny: Pierre Subleyras. In: Germain Bazin (Hrsg.): Kindlers Malerei Lexikon, Bd. 13. Kindler Verlag, Zürich 1982, ISBN 3-463-41011-7, S. 312–313.
  • L. Réau: Une biographie italienne de Pierre Subleyras. In: Bulletin de la Société de l'histoire de l'art française, 1924, S. 189–200, ISSN 0301-4126