ピアノ協奏曲 (モシュコフスキ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピアノ協奏曲ホ長調 作品59は、モーリッツ・モシュコフスキが作曲したピアノ協奏曲である。曲はモシュコフスキの弟子であったヨゼフ・ホフマンに献呈されている。イギリス初演は1898年3月12日、作曲者自身の独奏で行われた[1]。演奏時間は約36分[2]

モシュコフスキは1874年ロ短調の『ピアノ協奏曲』作品3を作曲していた[3]。しかし、初演後楽譜は忘れ去られ、2014年に発見・初演された。このため、イ短調を『第1番』、本作を『第2番』と呼ぶようになっている。『第1番』は全4楽章からなり、演奏時間は約50分。

楽器編成[編集]

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニハープ弦五部[2]

構成[編集]

第1楽章冒頭 オーケストラによる第1主題
オーケストラの4小節の導入の後、ピアノカデンツァで開始される。
第2楽章 ピアノが主題を受け継ぐ
陰鬱な調子で始まる。アタッカで第3楽章へ続く。
第2楽章から続けて演奏される。第2楽章の主題を回想して終わる。
快活な調子で開始される。第1楽章第1主題を回想して華やかに終わる。

出典[編集]

  1. ^ The Romantic Piano Concerto, Vol. 01 – Moszkowski & Paderewski”. 2012年10月24日閲覧。
  2. ^ a b Piano Concerto, Op.59 (Moszkowski, Moritz)”. 2012年10月24日閲覧。
  3. ^ w:List of compositions by Moritz Moszkowski→"Piano Concerto No. 1" Op.3

外部リンク[編集]