ピアノ協奏曲第1番 (ショスタコーヴィチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピアノ協奏曲 第1番 ハ短調 作品35は、ディミトリー・ショスタコーヴィチ1933年に作曲した1番目のピアノ協奏曲である。正式名称は「ピアノトランペット弦楽合奏のための協奏曲ハ短調」である。

概要[編集]

1927年1月に、ショスタコーヴィチはワルシャワで開催されていたショパン・コンクールのソヴィエト代表に選ばれた。ショスタコーヴィチはピアニストとしても成功を収めたいと考えて優勝を望んでいたが、優勝を逃してしまい、名誉賞しか取れなかった。優勝を逃した時のショスタコーヴィチは深く落胆し、ピアニストとしての野心に影をさすこととなった[1]。ピアノでの失敗から、ショスタコーヴィチは全てのエネルギーを作曲に集中させることにし、1930年代までにはショパンプロコフィエフのピアノ協奏曲のソリストとしても活発に活動を続けていたが、ピアニストと作曲家の2つのキャリアを充実した形で両立することは困難であると痛感し、事実上公開の演奏活動を2年間休止した。後に1933年に演奏活動に復帰するにあたって、自身の作品の演奏のみピアニストとしてステージに立つことで問題の解決を図った。

1920年代から30年代にかけてショスタコーヴィチは、驚異的なスピードと熱心さで作曲を行い、多様で幅広い作品を生み出した。その一例として、ピアノ独奏曲『24の前奏曲』やオペラムツェンスク郡のマクベス夫人[2]、そしてピアノ協奏曲第1番などが完成されていた。

ピアノ協奏曲第1番は1933年の3月6日から7月20日にかけて作曲[3]された。トランペットの独奏パートは当時レニングラード・フィルハーモニー交響楽団の首席トランペット奏者のアレクサンドル・シュミュトの手腕を想定して作曲したといわれている。初演は同年の10月15日に、ショスタコーヴィチ自身のピアノとフリッツ・シュティードリーの指揮とレニングラード・フィルハーモニー交響楽団の演奏によって初演され、大成功を収めた。この初演の成功によって、作曲家とソリストとしても大きな成功を収めることとなった。

作品番号30番台の中では最も人気が高く、現在では演奏会で取り上げられることが多い。

自作の引用と他者の引用[編集]

自作や他人の作品からの引用が全曲に散りばめられていることが、このピアノ協奏曲を特徴づけている。特に『24の前奏曲』との類似性はテーマ的、または手法や性格的な面で明らかである。この他、劇付随音楽『ハムレット』作品32(1931-32)やサーカス・ショウの劇付随音楽『条件付きの死者(または『殺されたはず』)』作品31(1931)、そして終楽章でのトランペットが奏する独奏部は、E.ドレッセルのオペラ『あわれなコロンブス』への序曲(作品23の1)[4]といった未出版の作品からの引用もあるという。

他の作曲家の作品もほとんどパロディ化させて登場している。第1楽章の第1主題はベートーヴェンの『熱情ソナタ』の引用[5]と、ギャロップのフィナーレを支配するのは『失われた小銭への怒り』のモティーフである。これらはピアノのカデンツァで明確に正体を表してくる。更にコミカルな性格を持っているハイドンの『ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI-37』からの引用句(またはモティーフ)も絡み付いている。そしてオーストリアで広く歌われている民謡愛しいアウグスティン英語版』とイギリスの民謡『泣きじゃくるジェニー』として知られた歌も引用している。

楽曲の特徴[編集]

作品全体をシニカルな性格が貫いており、「正しくない調性」への横滑り、特殊奏法の要求やアンバランスな音色による風変わりな楽器法、ロシア音楽に伝統的な歌謡性の否定とリズミカルな楽想への極端な依存によって、当て擦りのような印象がもたらされている(ハ短調という調性は、ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』と同じである)。

その題名にもかかわらず、トランペットはしばしば皮肉っぽい合の手を入れ、ピアノの走句のユーモアやウィットを醸し出しているため、必ずしもピアノと対等な独奏楽器(もしくは独立した旋律楽器)であるとは言えない。結果的に古典的な協奏交響曲二重協奏曲というよりは、伝統的なピアノ協奏曲に近い。

楽器編成[編集]

独奏ピアノ、独奏トランペット(変ロ)、弦5部。

構成[編集]

解釈次第ではあるが、以下の4つ(ないしは3つ)の楽章から構成される。4つの楽章で書かれているが、実際には、いくつかの部分が全てアタッカ続く単一楽章の作品として見なすことができる。演奏時間は約20分。

  • 第1楽章 アレグレット
  • 第2楽章 レント
  • 第3楽章 モデラート
  • 第4楽章 アレグロ・コン・ブリオ

第3楽章「モデラート」は、独立した楽章というよりは、その短さから、終楽章の導入部と見なしうる。それにもかかわらず、両者は雰囲気が非常に異なることから、たいてい別々の楽章として扱われる。トラック数が3つしかない録音の場合は、“Moderato - Allegro con Brio”のように表記されている。

脚注[編集]

  1. ^ この評価はロシアよりポーランドのピアニストを偏愛するポーランドの審査員の全くの偏見であるとまで主張している。また参加者の31人中17人がポーランド人であった。
  2. ^ この時すでに『ムツェンスク群のマクベス夫人』は初演の準備が進んでいた。
  3. ^ もともとショスタコーヴィチはトランペット協奏曲として構想していた。
  4. ^ この序曲は、「E.ドレッセルの歌劇『あわれなコロンブス』のための2つの小品」作品23の中の1曲である。
  5. ^ 『熱情』ソナタの引用について、「どんな無知な者が聴いても分かるように書いた」と語っている。