ピアニカ前田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ピアニカ前田
生誕 1954年4月??
出身地 日本の旗 日本鳥取県
職業 ミュージシャン
担当楽器 鍵盤ハーモニカ
活動期間 1975年 -
レーベル ナツメグ
ポニーキャニオン
SUZAK MUSIK
共同作業者 ASA-chang
ピラニアンズ
ボッサ・ピアニキータ
TOMATOS
チエコ・ビューティ
Dub Master X
公式サイト ピアニカ前田

ピアニカ前田(ぴあにか まえだ、1954年- )は鳥取県出身のピアニカ奏者である。

来歴[編集]

1975年、鳥取県より上京。 友人から、スティービー・ワンダーの「イズントシーラヴリー」の間奏は実は鍵盤ハーモニカだと吹き込まれ、鍵盤ハーモニカ奏者になる(実際はハーモニカで演奏)。

1985年、「THE仲井戸麗市BOOK」に鍵盤ハーモニカで初参加。

1989年、ナツメグ・レーベルより、ピアニカ前田&グッドベイツとしてシングル『JUST YOU JUST ME」をリリース。この時よりピアニカ前田を名乗る。

1991年、ソロ名義にてミニ・アルバム『ピアニカ・スウィング』をリリース。そして同年、塚本功(ギター)、長山雄治(ウッドベース)との3人でピラニアンズの活動を開始。

1992年渋谷クラブクアトロのオープン記念ライブとして、ローランド・アルフォンソMUTE BEAT松竹谷清と共演。後に『ROLAND ALPHONSO meet GOOD BAITES with ピアニカ前田 at WACKIES NEW JERSEY』としてCD化された。また、TOMATOSが全面参加したソロ・ミニ・アルバム『JUST A GUY』でポニーキャニオンよりメジャー・デビュー。

1993年、ソロとしての1stアルバム『PIANICAN SUMMER』をリリース。同年、ゲスト参加した東京スカパラダイスオーケストラASA-changパーカッション)がそのままピラニアンズに加入。

1994年には、ピラニアンズとしての1stアルバム『ピラニアンズ』、2ndアルバム『サボテンマン』を立て続けにリリース。この間にASA-changは脱退、サポートのパーカッショニストを迎えて活動を続け、1996年から坂田学(ドラムス)がメンバーに加わる。

1997年に、ライブ・アルバム『富士山リバーブ』リリースするも、同年春、ピラニアンズは活動を停止。ソロとしての2ndアルバム『DOUBLE DREAM OF THE SUMMER』をリリース。

1998年には、坂田学(ドラムス)、宮田誠(ガットギター)、田中義人(エレキギター)との4人でボッサピアニキータを結成。

2001年に、1stアルバム『IL CIELO』、2003年に2ndアルバム『ピアニダージ』をリリース。

2006年、ピラニアンズが9年ぶりに、塚本功、長山雄治、坂田学との4人で活動再開。

2007年にライブアルバム『ピラニアンズライブ(復活中!)』をリリースした後、2010年には、アルバム『スーパーボルケーノ』をリリースし、ライブ活動も積極的に行っている。

その他、ソロとして様々なアーティストの録音やライブに参加しつつ、年に数回行われる松竹谷清のライブにも参加。 鍵盤ハーモニカ2本にギターという編成で、スタジオジブリの作品を中心に小学校等での演奏会を行ったり、この編成でスタジオジブリ作品をカバーしたアルバム『ピアニカで聴くスタジオジブリ作品集』(2008年)などもリリースしている。また、鍵盤ハーモニカ教則本の監修を2冊手がけるなど、鍵盤ハーモニカの奏法や調整法等についての発表も行っている。[1]

ディスコグラフィー[編集]

ピアニカ前田[編集]

シングル

  • JUST YOU JUST ME ピアニカ前田&グッドベイツ (1989年)※7インチEP、後にライブ音源を加えてCD化
  • ルセロ ピアニカ前田&グッドベイツ (1990年)※7インチEP
  • オレンジ色の恋 ピアニカ前田 チエコ・ビューティ (1991年)※チエコ・ビューティとの共作、12インチEP、後にCD化
  • ピアニカ・アンセム (1991年)※マキシ・シングル、DJにジャマルスキーが参加
  • TOKYO LUV STORY DMX&ピアニカ前田(1991年)※マキシ・シングル、Dub Master Xとの共作、YOUがヴォーカルで参加

アルバム

  • ピアニカ・スウィング (1991年)*ミニ・アルバム
  • JUST A GUY (1992年)*ミニ・アルバム
  • PIANICAN SUMMER (1993年)
  • DOUBLE DREAM OF THE SUMMER (1997年)
  • ANTHOLOGY ピアニカ前田 BEST (2002年)*ベスト・アルバム
  • ピアニカで聴くスタジオジブリ作品集 (2008年)

ピラニアンズ[編集]

アルバム

  • ピラニアンズ (1994年)
  • サボテンマン (1994年)
  • OK新宿 入江雅人&ピラニアンズ (1995年)*ミニ・アルバム
  • キュッキュキュパパ (1996年)*ミニ・アルバム
  • 富士山リバーブ (1997年)*ライブ・アルバム
  • ピラニアンズ ベスト (2002年)*ベスト・アルバム
  • ピラニアンズ EPコレクション (2002年)*ベスト・アルバム
  • ピラニアンズライブ(復活中!) (2007年)*ライブ・アルバム
  • 決定盤!!ピアニカ・スタンダード ベスト (2010年)*ベスト・アルバム
  • スーパーボルケーノ (2011年)

シングル

  • ジョルジュの恋 / チキンズパレード (1994年)※7インチEP
  • サンバNo.3 / UNDECIDED (1994年)※7インチEP
  • サルバド / スムースワン (1994年)※7インチEP
  • ビー・マイ・ベイビー ribbon&ピラニアンズ (1994年)※7インチEP
  • 風よつたえて ribbon&ピラニアンズ (1994年)※7インチEP
  • ピアニカ絶叫 / アフターユーヴゴーン (1996年)※7インチEP

ボッサ・ピアニキータ[編集]

アルバム

  • IL CIELO (2001年)
  • ピアニダージ (2003年)

参加作品[編集]

  • ROLAND ALPHONSO meet GOOD BAITES with ピアニカ前田 at WACKIES NEW JERSEY(1992年)
  • WINTER SONGBOOK CRIOLA(1992年)
  • Soundtrack of Living CRIOLA(1993年)
  • Happy Days of Happy Sun CRIOLA(1994年)
  • cool christmas(1993年)※武内享プロデュース
  • Beach Baby(1994年)※こだま和文プロデュース
  • AJIAN NOSTALGIA ピアニカ前田meetsウチナーポップス(1995年)※ピラニアンズで参加
  • PROGRESSIVE-MAN"エンケン"TRIBUTE (1995年)※遠藤賢司トリビュートにピラニアンズで1曲参加
  • キーボランド ~ナツメグ鍵盤集~ (1996年) - Dub Master X、朝本浩文、エマーソン北村などとの共演作
  • NUT-MEG SHOWCASE MASTERPIECE COLLECTION (2011年)※ピアニカ前田、チエコ・ビューティ、TOMATOS、ローランド・アルフォンソ、Dub Master Xなどナツメグ・レーベル作品のオムニバス

書籍[編集]

  • たのしく吹けるピアニカ スタジオジブリ作品集
  • たのしく吹けるピアニカ ディズニー作品集

外部リンク[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 来歴は、公式サイトの バイオグラフィーを参照。