ピアス病菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピアス病菌
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: γプロテオバクテリア綱
Gamma Proteobacteria
: キサントモナス目
Xanthomonadales
: キサントモナス科
Xanthomonadaceae
: Xylella
: X. fastidiosa
学名
Xylella fastidiosa
Wells et al., 1987

ピアス病菌(ピアスびょうきん、Xylella fastidiosa )は、オリーブコーヒーブドウなど多くの植物を枯死させるピアス病(Pierce's Disease)の原因となる病原菌である[1]

感染する植物は350種以上確認されており[2]、発病はほとんどアメリカ大陸であるが、ヨーロッパ、中東、台湾などでも発生している。多くの植物は、病気に罹っていても無症候性キャリアであり、拡大防止を難しくしている。

日本においては、検疫有害動植物(輸入検疫有害菌)であり、検査で本菌が発見された荷口については廃棄する事になっている[3]

ピアス病[編集]

ヨコバイ科の昆虫であるシャープシューターの唾液にピアス病菌は寄生し、植物の樹液を昆虫が吸った時に傷口から感染する[1]

1982年にアメリカ農務省のピアス博士が発見したことからこの名がある[1]

ピアス病は1990年代後半にカルフォルニア州で深刻なブドウ被害を発生させた[1]2013年にはイタリアで出現[4]。イタリアではオリーブの木100万本に枯死被害が発生したこともある[4]

2016年10月にはスペインバレアレス諸島マヨルカ島の園芸店でサクラの木から確認され、最終的に計1900本以上の木が処分された[4]。2017年2月にはスペインのバレアレス諸島のオリーブやサクラ、アーモンドなどの木の多くからピアス病菌が確認された[4]

症状[編集]

木部道管内、根、茎及び葉内で増殖する。細菌の凝集、植物によるチロース英語版や粘着物の形成により道管を詰まらせ、植物を枯れさせる。また、細菌は感染部位で増殖するが、植物体内を循環することはない[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ピアス病 ミルドドットコム、2017年2月7日閲覧。
  2. ^ Gardens under threat from 'game changing' plant disease(BBC)
  3. ^ a b Xylella fastidiosa に関する病害虫リスクアナリシス報告書農林水産省
  4. ^ a b c d オリーブ枯らすピアス病菌、スペイン・バレアレス諸島で確認 AFP、2017年2月7日閲覧。