ビー・デビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビー・デビル
김복남 살인 사건의 전말
監督 チャン・チョルス
脚本 チェ・クァンヨン
製作 パク・キュヨン
製作総指揮 キム・ハリー・H・W
ハン・マンテグ
ジョン・ヒョン
出演者 ソ・ヨンヒ
チ・ソンウォン
音楽 キム・テソン
撮影 キム・ギテ
編集 キム・ミジュ
配給 日本の旗 キングレコード
公開 フランスの旗 2010年5月14日CIFF
韓国の旗 2010年9月2日
日本の旗 2011年3月26日
上映時間 115分
製作国 韓国の旗 韓国
言語 朝鮮語
製作費 $636,363
興行収入 $1,124,187[1]
テンプレートを表示

ビー・デビル』(原題:김복남 살인 사건의 전말、英題:Bedevilled)は、2010年に公開された韓国スプラッター映画チャン・チョルス監督のデビュー作。 原題の意味は「キム・ボンナム殺人事件の顛末」。密陽女子中学生集団性暴行事件など実際に起こった3つの性暴行事件を元に脚本化されている。[2]R-18指定

あらすじ[編集]

ソウルの銀行員ヘウォン(チ・ソンウォン)は職場でのトラブルから仕事を休業し、生まれ育った孤島に帰省する。ヘウォンは幼なじみのボンナム(ソ・ヨンヒ)に迎え入れられるが、ボンナムは夫や村の住人から虐げられており、村の男の慰み者とされていた。ボンナムの置かれている状況を理解していたソウォンだったが、娘と共にソウルへと連れて行って欲しいという頼みを面倒だからと拒否する。ソウォンの協力を得られないボンナムは、夫が眠った隙に娘を連れて島から脱出しようと画策する。

キャスト[編集]

  • キム・ボンナム:ソ・ヨンヒ
  • ヘウォン:チ・ソンウォン
  • マンジョン(ヘウォンの夫):パク・チョンハク
  • マンジョンの母親:ペク・スリョン
  • チョルジョン(マンジョンの弟):ペ・ソンウ
  • トゥクス(船渡し):オウ・ヤン
  • ヨニ(ボンナムの娘):イ・ジウン

スタッフ[編集]

  • 監督:チャン・チョルス
  • 脚本:チェ・クァンヨン
  • 製作総指揮:キム・ハリー・H・W、ハン・マンテグ、ジョン・ヒョン
  • 製作:パク・キュヨン
  • 共同製作:チャン・ソクビン
  • 撮影:キム・ギテ
  • 美術:シン・ジョミ
  • 音楽:キム・テソン
  • 録音:ソン・ジンヒョク
  • 照明:ナム・ジナ
  • 編集:キム・ミジュ
  • 字幕:荒木芯

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bedevilled”. Box Office Mojo. 2013年2月7日閲覧。
  2. ^ 映画DVD チャン・チョルス監督インタビューより

外部リンク[編集]