ビーポーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花粉かご内のミツバチ
ヒトの食物用の凍ったビーポーレン
巣に蓄えられたビーブレッド

ビーポーレン(Bee pollen)は、ミツバチの働きバチが花粉をペレット状に丸めたものである。ビーブレッドは、ビーポーレンに蜂蜜とハチの分泌物を加えて、巣の抱卵室で保管したものである[1]。ビーポーレンが出来上がると、メスがその上に卵を1つずつ産み、巣を塞ぐ[2]。ビーポーレンは、ヒトの食物として収穫される。アンブロシア(ambrosia)と呼ばれることもある[3]

働きバチは、花粉を巣に運び、そこで、頭を使って花粉を巣に押し込む別の働きバチに渡す。収穫及び巣への詰め込み中、花粉は花蜜やハチの唾液分泌物と混合され、ミツバチの主要なタンパク質源となる[4]

組成[編集]

蜂蜜やプロポリス、その他よく知られたミツバチの産物と同様に、またローヤルゼリー蜜蝋とは異なり、ハチから分泌されたものではなく、ハチが集めた産物である。化学組成は花粉を集めた植物の種類に依存し、同じ養蜂場のものでも時間やコロニーによって異なり、全く同じ組成のものは存在しない。従って、ビーポーレンの化学組成や栄養組成は測定された特定のサンプルの値に過ぎず、そこから他の時間や他の場所で収集したサンプルの組成を推定することはできない。平均的な組成は、単糖フルクトースグルコース)が40-60%、タンパク質が2-60%、ミネラルとビタミンが3%、脂肪酸が1-32%、その他の広範な物質が5%とされている[5]。また、ビーポーレンの中に188種類の菌類と29種類の細菌が含まれていたという研究結果もある[6]。このような微生物的な多様性に関わらず、ビーブレッドとも呼ばれる蓄えられた花粉は蜂蜜とおなじように保存的な環境にあり、微生物バイオマスの量は低い[7]

健康食品への利用[編集]

本草学においては、ビーポーレンは様々な病気を治癒すると謳われているが、科学的な根拠はない[8]。短期間の使用は安全だが、副作用には息切れ、蕁麻疹、腫れ、アナフィラキシー等のアレルギー反応がある[8]。妊婦には安全でなく、授乳中は禁忌である[8]シブトラミンフェノールフタレイン等の未承認薬が不純物として含まれている可能性があるため、アメリカ食品医薬品局はいくつかのビーポーレン製品の利用に対して警告している[9][10]

お酒への利用[編集]

養蜂が盛んで蜂蜜酒(ミード)の醸造も盛んなリトアニアでは、ビーポーレンを原料としたリキュール「Bičių Duonelės Likeris」(ビチュウ・ドゥオネレス・リケリス)が存在する。リトアニアの有名な薬学教授A.ゲンドロリス氏が研究を重ね2013年に誕生。国産蜂蜜のみを使用し、近年スーパーフードとしても注目されるビーポーレン、健康食品として有名なプロポリスを原料としたアルコール度数25%のリキュールである。リトアニア国内では2013年にプロダクト・オブ・ザ・イヤーを受賞。バルト三国の食品が集まる国際展示会「アグロバルト」でも金賞を受賞した経歴をもつ世界でも類を見ないお酒である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Stefan Bogdanov, Pollen: Production, Nutrition and Health: A Review, Bee Product Science, 2014, p. 3
  2. ^ Thorp, Robbin W.. “Vernal pool flowers and their specialist bee pollinators”. California Vernal Pools. 2011年9月11日閲覧。
  3. ^ Oxford Canadian Dictionary
  4. ^ Sammataro, Diana and Avitabile, Alphonse. (2011) The Beekeeper's Handbook. Cornell University Press. ISBN 0-8014-7694-1
  5. ^ What Is Bee Bread?”. Keeping-honey-bees.com (2011年9月). 2011年10月5日閲覧。
  6. ^ Black, Jacquelyn G. (2004). Microbiology. John Wiley and Sons. ISBN 0-471-42084-0. 
  7. ^ Kirk E. Anderson et al. 2014 Hive-stored pollen of honey bees: many lines of evidence are consistent with pollen preservation, not nutrient conversion. Molecular Ecology 23:23 url= http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/mec.12966/abstract
  8. ^ a b c Bee Pollen Benefits and Side Effects”. WebMD. 2014年4月16日閲覧。 “"after years of research, scientists still cannot confirm that bee pollen has any health benefits", "medical research has not shown that bee pollen is effective for any of these health concerns"”
  9. ^ Public Notification: "Zi Xiu Tang Bee Pollen Capsules" Contains Hidden Drug Ingredient”. Food and Drug Administration (2012年10月24日). 2014年4月16日閲覧。
  10. ^ FDA warns consumers not to use Zi Xiu Tang Bee Pollen capsules”. Food and Drug Administration (2014年4月7日). 2014年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]