ビーバップ・みのる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビーバップ・みのるは、日本のアダルトビデオメーカーであるドグマ(Dogma)に所属するAV監督アダルトビデオジャンルの中で「熟女」「ナンパ」「陵辱」を得意とする若手の実力派AV監督として知られている。血液型A型

人物[編集]

東京都出身。都内私立大学英文学部卒業後、某有名出版社に就職。編集者として働く傍ら、事業を起こすなど事業家を目指す。その後、インディーズAVメーカー、ドグマに所属。2003年11月「僕のやさしいママになってください。友田真希32歳」で監督としてデビューする。

歴史[編集]

2008年現在までに、90本を超えるAV作品を監督し「僕のきれいなお姉さんになってください。」「単体女優プライド崩壊」「ナンパ☆第三世代」などキャッチーなタイトルと、軽快さや刹那的センス溢れる独自の世界観で人気シリーズを次々とリリースしている。ビーバップ・みのるがAV監督として注目を浴びるきっかけとなったのは2005年に発売された「ナンパ☆第三世代」。作品中に見られるナンパテクニックや甘い言葉とは裏腹な心の内をテロップで表示するなどの演出から、当時のAVを取り上げているメディア誌等は本氏について「無気力ナンパ師」「鬼畜監督」「人非人」と形容している。

「ロケの空き時間に個人的にビデオ撮影していたら普通にセックスできたり、普通に撮影できたりしたので普通に「ナンパビデオ」が作れたので発売させてもらうことになりました」ドグマ公式ブログより。

それまで、トランス緊縛SM・拘束椅子などドグマの創立者であるTOHJIRO色が強く、過激でハードなAVメーカーとして知られていたドグマに、「U-30(アンダーサーティ)」という新レーベルを打ち立てることにより、定型や枠に捉われない若手監督の自由な表現の場を提供し、若さと躍動感溢れる新風を同メーカーに吹き込んだ。後に「U-30」からは、本格的な官能ドラマAVを得意とするノーマルKIMを輩出している。2006年に行われたD-1クライマックスでは、出演女優と実際に1ヶ月間の同棲生活をし、精神陵辱をテーマとして撮影した「僕と企画女優の生きる道(女優:京本かえで)」で審査員賞を受賞。アダルト誌編集者・AVファン・AV業界関係者などからなる多くの審査員から高い評価を得た。現在もドグマに所属しており、陵辱を中心とした「熟れた友達のお母さんを犯しまくりたい。」や「捕虜収容所」など作風はハードな内容に移行しつつあるものの、得意とする熟女ものだけにとどまらず、既存のAV作品に対する挑戦的・実験的ともいえるような作品にも取り組んでいる。

主な作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]