ビーコンズフィールド伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代ビーコンズフィールド伯爵

バッキンガム・カウンティ、ヒューエンデンのビーコンズフィールド伯爵(ビーコンズフィールドはくしゃく、: Earl of Beaconsfield, of Hughenden in the County of Buckingham)は、連合王国貴族の称号である。ヴィクトリア女王の寵愛を受けた首相ベンジャミン・ディズレーリのために1876年に創設された。ヴィクトリアはディズレーリの競争相手であった自由党ウィリアム・エワート・グラッドストンよりもディズレーリのトーリー党的政策を好んだ。ディズレーリはまた、ヴィクトリアを「インド女帝」として戴冠させる1876年国王称号法を推進した。伯爵位に付随する称号は、バッキンガム・カウンティ、ヒューエンデンのビーコンズフィールド子爵(この爵位も連合王国貴族)であった。

1868年、首相としての第一期終了後、ディズレーリの妻メアリーは自己の権利によってビーコンズフィールド女子爵(Viscountess Beaconsfield, of Beaconsfield in the County of Buckingham)を創設した。これによって夫のディズレーリは庶民院の一員として残ることができた。メアリーは1872年に死去した。ディズレーリが1876年に伯爵となった時、自動的に庶民院の議席を失ったが首相ではあり続け、貴族院から政府を率いた。

ビーコンズフィールドバッキンガムシャー州の町の名称である。その議会での経歴の大半をディズレーリはバッキンガムシャーの一員として働いた。ディズレーリは近隣のハイ・ウィカムに私有地としてヒューエンデン・マナー(荘園)を所有していたが、ビーコンズフィールドに居住することはなかった。ディズレーリが称号にビーコンズフィールドを選択したのは、ディズレーリが賞賛していた保守政治哲学者で国会議員のエドマンド・バークの影響かもしれない。バークは自身をビーコンズフィールド卿として貴族に列するというジョージ3世の提案を辞退していた[1]

1878年、ディズレーリは彼を公爵に叙するというヴィクトリア女王の提案を断わり[2]、代わりにガーター勲章を授与された。ディズレーリは跡継ぎがないまま1881年に死去し、称号は途絶えた。ヒューエンデン・マナーはビーコンズフィールド卿の甥であるコニングスビー・ラルフ・ディズレーリに渡った。

ビーコンズフィールド伯爵(1876年)[編集]

ビーコンズフィールド女子爵(1868年)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ See, e.g., Isa Carrington Cabell, "Lord Beaconsfield (1804-1881)"
  2. ^ See, e.g., Biography at the National Portrait Gallery's website