ビル・ワムズガンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビル・ワムズガンス
Bill Wambsganss
Bill Wambsganss.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Flag of the United States.svgオハイオ州クリーブランド
生年月日 1894年3月19日
没年月日 (1985-12-08) 1985年12月8日(91歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
初出場 1914年8月4日
最終出場 1926年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ビル・ワムズガンス(William Adolph "Bill" Wambsganss, 1894年3月19日 - 1985年12月8日)は、1910〜1920年代に活躍したメジャーリーグベースボールの野球選手。ポジションは内野手アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身。右投右打。ニックネームは"Wamby"(ウォンビー)。1920年のワールドシリーズで、史上唯一の「一人トリプルプレー」を完成させたことで知られている。

経歴[編集]

1914年にインディアンスに入団。同年デビューし43試合に出場する。インディアンスでは二塁手・遊撃手のレギュラーとして守備面での貢献が大きかった選手である。4年目の1917年から二塁が定位置となり、以後1923年までインディアンスの正二塁手として試合に出ていた。初めて本塁打を放ったのはデビューしてから6年目の1919年のことだった。

ワムズガンスを有名にしたのは、自身唯一の出場となった1920年のワールドシリーズにおいて、無補殺三重殺(unassisted triple play)を記録したことである。同年10月10日リーグ・パークで行われたワールドシリーズ第5戦の5回表の出来事だった。相手ブルックリンの攻撃は無死一二塁。打者ウィリー・ミッチェルが打った打球は二塁のワムズガンスへのライナーとなった。捕球したワムズガンスはそのまま二塁を踏んで二塁走者のピート・キルダフをアウトにし、その後一塁から走りこんできた走者のオットー・ミラーにタッチ。たった一人で3つのアウトをとってしまった。

ワムズガンスはその後もリーグ最多の犠打数を2度記録するなどチームプレーに徹し、1922年にはリーグ最優秀選手候補にも選ばれている。1924年にダン・ブーンらと共にレッドソックスにトレードされ2年間在籍、1926年にフィラデルフィア・アスレチックスで66試合に出場した後、マイナーリーグのカンザスシティへ降格しメジャーでのキャリアを終えた。1985年にオハイオ州レイクウッドで死去。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1914 CLE 43 159 143 12 31 6 2 0 41 12 2 7 4 -- 8 -- 4 24 -- .217 .277 .287 .564
1915 121 423 375 30 73 4 4 0 85 21 8 9 8 -- 36 -- 4 50 -- .195 .272 .227 .499
1916 136 547 475 57 117 14 4 0 139 45 13 -- 30 -- 41 -- 5 40 -- .246 .313 .293 .605
1917 141 574 499 52 127 17 6 0 156 43 16 -- 27 -- 37 -- 7 42 -- .255 .315 .313 .628
1918 87 357 315 34 93 15 2 0 112 40 16 -- 17 -- 21 -- 3 21 -- .295 .345 .356 .701
1919 139 588 526 60 146 17 6 2 181 60 18 -- 26 -- 32 -- 3 24 -- .278 .323 .344 .667
1920 153 665 565 83 138 16 11 1 179 55 9 18 40 -- 54 -- 5 26 -- .244 .316 .317 .633
1921 107 501 410 80 117 28 5 2 161 47 13 7 43 -- 44 -- 3 27 -- .285 .359 .393 .752
1922 142 642 538 89 141 22 6 0 175 47 17 10 42 -- 60 -- 4 26 -- .262 .341 .325 .666
1923 101 419 345 59 100 20 4 1 131 59 10 9 27 -- 43 -- 3 15 -- .290 .373 .380 .753
1924 BOS 156 732 636 93 174 41 5 0 225 49 14 8 37 -- 54 -- 4 33 -- .274 .334 .354 .688
1925 111 434 360 50 83 12 4 1 106 41 3 5 19 -- 52 -- 1 21 -- .231 .329 .294 .624
1926 PHA 54 66 54 11 19 3 0 0 22 2 1 1 3 -- 8 -- 1 8 -- .352 .444 .407 .852
通算:13年 1491 6107 5241 710 1359 215 59 7 1713 521 140 74 323 -- 490 -- 47 357 -- .259 .328 .327 .655
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録・表彰[編集]

  • ワールドシリーズ出場:1回(1920年)
  • リーグ最多犠打:2回(1921,1922年)
  • 通算犠打数:323(歴代7位)

出典・外部リンク[編集]